みんなのバストの平均値はどれくらい?年代別のサイズをまとめてみました。


ユキさん、お久しぶり。
どうしたの?浮かない顔をして。

実は年を取ったからなのか、バストのサイズが小さくなっている気がして。
私だって高校生の時はDカップあったんですよ。それなのに、昨日測り直したら、Bカップにまで小さくなっていたんです。
すっごい衝撃を受けて、思わず凹んでしまっています。

そうね、女性のバストは年齢でも変わるし、妊娠や出産を通じてもサイズが変わるのよ。
ユキさんは出産を経験しているから、余計にバストのサイズ変化が大きいのかもね。

そうなんですか?
でもBカップなんて日本人のバストそのものって感じですよね。ペチャパイというか……。

確かに昔の日本人はバストが小さいといわれてきたけど、最近ではバストの平均サイズもアップして、Dカップ以上という人が50%以上の割合になったの。
このデータは、下着メーカーのトリンプが発表した「下着白書2017」という調査結果に残っているんだけどね。

「下着白書」ですか……そのデータもっと知りたいです!
教えてください。

「下着白書」にみる日本人のブラサイズの移り変わりとは?

日本でも有数の下着メーカーのひとつ、トリンプでは、1980年より現在にいたるまで「下着白書」と題して、期間中に販売されたブラジャーの実績から日本人のカップ数がどれくらいなのかを調査しています。

調査を始めた1980年当初は、Aカップが全体の58.6%を占めており、Bカップは25.2%、Cカップは11.7%と、そのほとんどの売上を占めていました。

ところが、1990年になるとAカップの割合は32.3%、2000年には14.2%、2010年には8.5%そして、2016年には4.1%と、見事な割合の変化が起こっています。もちろん、Aカップの人が減っただけでなく、Dカップ以上の割合も増えました。各カップの割合を見てみると、

Aカップ 4.1%
Bカップ 19.0%
Cカップ 25.6%
Dカップ 25.0%
Eカップ 17.2%
Fカップ 6.6%
Gカップ以上 2.5%

という、1980年とは比べ物にならないくらいのサイズアップをしているのです。

 


この背景には食生活の欧米化による日本人の体形の変化がありますが、昔はAカップが半数を占めていたのには驚きますよね。
今は好きなものを食べられる栄養状態の良い時代になりましたし、以前からは想像がつかないほどふくよかな体型になったといえるのではないでしょうか。

 

年齢別にみる日本人のバストの違いとは

ブラジャーのカップ数が上がったことは分かったとして、気になるのが同世代のバストのサイズはどれくらいなのかということでしょう。

そこで平均的なバストサイズを調べてみました。

若い世代の女性に人気の雑誌、CanCamの読者アンケートからは平均身長158.2cm、バスト78.4cmという結果になりました。
CanCam読者世代といえば10代前半から20代後半ですが、美容に興味を持っている女性が多いため、やせ形の女性が多く低めの数値となっているようです。

反対に、エステティックサロンPMKが調査したバストサイズは、20歳で82.6cmとなっていてCanCamの調査よりも高いサイズをマークしています。

もちろん、バストのサイズは年齢によっても異なってきます。
女性は小学校高学年あたりに初潮を迎え、その頃から女性ホルモンの分泌が増えてきます。するとバストも自然と発達してきて膨らみ始めるのです。
ただし、小学校5,6年生の頃はまだ人によって個人差がありバストの成長にもばらつきがあります。

下着メーカーワコールの調査によれば、この年代で約10%の人はブラジャーなしで活動できるとしていますし、早い子供の場合だと小学校中学年からブラジャーを付け始める子もいるようです。

そして、思春期に差し掛かると一気にバストも成長を始め、12歳の胸囲の平均が76cmだったものが15歳になるころには、成人女性と同じくらいの80cmにまで大きくなります。

そして、年を取ることで女性の体はさらに変化を遂げていきます。そこで注目したいのがトップバストとアンダーバストの差です。

少し古くなりますが、1995年におこなわれたワコールの調査によると、

20~24歳の平均はトップが81.5cm、アンダーが70.2cm
30~34歳の平均はトップが81.4cm、アンダーが71.4cm、
40~44歳になるとトップが84.5cm、アンダーが74.5cm

と、年齢を重ねるにつれどんどんとアンダーバストが大きくなっていきます

 


10代までは成長期ということもあって、ぐんぐんと身長も伸びて体重も増え、バストも大きくなっていきますよね。
20代を超えると成長ホルモンの分泌も落ち着いてきて、後は現状維持になるようです。
でも、妊娠したら授乳のために乳腺が発達して必然的にバストが大きくなりますし、断乳後は授乳の必要がなくなるので乳腺も退化します。
そのため、一度大きくなったバストも風船がしぼむように小さくなるんですね。
一言にバストのサイズといっても、短期間で変化するようです。

 

年を取ることでアンダーバストが大きくなる理由は?

では、どうして年を取ることでバストが大きくなっていくのでしょうか。
そこには加齢に伴う新陳代謝の低下とホルモン分泌量の変化が深くかかわっています

新陳代謝とは、人が生活をしていくうえで細胞が新しく生まれ変わり若々しくいられるための代謝ですが、年を取ることで活動量が減り、普通にしていてもエネルギーを消費する基礎代謝も落ちていきます。
代謝が落ちると細胞の生まれ変わりも遅くなるため、必要とするエネルギー量も減ってしまいます。
その結果、若い時と同じ食事量、同じカロリーを取っていたとしても、消費することができず身について太ってしまいます。
そのため、アンダーバストが大きくなってしまうのです。

これとは別に、加齢によってホルモンの分泌量も変わってきます

バストの発達にとって特に必要となるエストロゲン(卵胞ホルモン)は20代以降、分泌量が徐々に少なくなってしまいます。これに伴い、乳腺への栄養状態も滞りバストのふくらみが弱くなってしまいます。

人によってはしぼんだ状態に見えてしまう人も増えてきます。
50代を過ぎると卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量がガクンと減ってしまい、閉経を迎えます。その結果子宮の活動が悪くなり、より一層エストロゲンなどのホルモン分泌量が下がり、バストのハリが失われ、垂れてしまうのです。

40代以降、見た目的にはふくよかな体つきなのに、脱いでみるとバストは小さくて垂れている人が多いのは、加齢に伴ってホルモンの分泌量が減り太りやすくなる反面、バストの成長が止まってしまうからといえます。

 

都道府県ごとでもバストの平均サイズは変わる?

実は面白いアンケート調査に、日本全国でのバストのサイズ調査が行われたことがあります(2012年3月LCラブコスメ 都道府県みんなのバストサイズ調査)。

その結果、47都道府県の中でBカップだった県は18つ、Cカップは17つとおよそ75%の県平均がB~Cカップとなっていることが分かりました。

地区別に見ていくと、岐阜県や京都府はEカップ、奈良県や大阪府はDカップと近畿地方から中部エリアはカップ数が大きく、反対に東日本の平均値はBカップとの結果が出ました。

 

日本人のバストは大きい?小さい?

それでは視点を大きくして海外からサイズを見てみましょう。

2012年にGoogleが発表したGoogle Target Mapによると、

ロシア Dカップ以上
アメリカ Dカップ
フランス Cカップ
インド Bカップ
日本 Aカップ

となっていて、日本は最低ランクに属しています。

確かに外国の方は骨格上からも豊満なバストをしていますが、現代の日本人も平均がAということはありえず、1980年ごろの古いデータから算出していたかのように考えられます。

実際に、トリンプがおこなっている調査でも2016年にはDカップ以上が半数となっており、日本人の平均カップ数はB~Cほどに上がっているようです。
これまで日本人の胸は小さいといわれていましたが、最新のデータではインドと並ぶくらいのレベルまでに大きくなっているのではないでしょうか。

 


ユキさん、ほら、調査結果でも平均はB~Cっていわれているじゃないですか。
これで安心ですね。

そうですよね。ちょっと一安心です。
でも、昔がDカップあっただけにやっぱり昔のように大きくなりたいなって思います。
バストアップ頑張らなくちゃ。

そうね、年を重ねるからバストのサイズも変わるといっても、やっぱりバストアップ対策はしておきたいですよね。
女性ホルモンに働きかけるサプリメントを飲んだり、バストアップ効果があるマッサージを毎日おこなうだけでも変わりますよ。

今晩から早速マッサージをやってみますね。
目指せ!昔の私のサイズ!大きくなったら報告しますね。

関連記事

男性は大きな乳輪が嫌い?乳輪の大きさと色のあるあるお悩み解決法

アメリカの3つのバストを持つ女性 日本にもでも似たようなケースが?

世界神話の中のバスト スフィンクスは男?女?男性の乳房が山になった?

美容大国・韓国のバスト事情

バストの都市伝説 女性の二の腕の感触はその人のバストと同じ?、など

バストアップできる音楽がある?!