バストアップにプロテインは効果あり?種類や飲むタイミングについてもご紹介


ユキさんって筋トレは好きですか?
最近、若い男性の間で筋肉を鍛えるためにプロテインを飲む人って増えてきましたよね。

私の好きな人も職場にプロテインを持ってきていますよ。あの人は体を鍛えているのかな。
あれって、女の人が飲んでもいいものなんですか?
どんな効果があるのか気になってはいるんですけど。

もちろん大丈夫ですよ。
モデルさんなど芸能活動をしている人たちの間でもプチブームが起こっていますよね。
プロテインってたんぱく質からできていますし、筋肉を作るのに効果的なんです。
ユキさんの場合だと、バストアップトレーニングをしているのでプロテインを飲むとより効率的に筋肉がつくと思いますよ。

えぇ!プロテインを飲んだらバストアップするってことですか?
プロテインについて詳しく教えてください。

プロテインとは

プロテインはたんぱく質を英訳したproteinに由来していて、市販されているものであれば、粉末やサプリメントとして販売されています。

たんぱく質は筋肉のもととなるので、ボディビルダーの中にはトレーニングでダメージを受けた筋肉の保護と増強を狙ってプロテインドリンクを常飲している人も多くいます。
そんなプロテインですが、最近ではダイエットドリンクとしても定評が高く、女性の中でも飲む人が増えてきています。

ではプロテインを飲むとどのような変化が起こるのでしょうか、代表的な例を挙げてみましょう。

エネルギー源となる

人が生きていくにはエネルギーを必要としますが、その総量はカロリーとして表示されます。

プロテインを構成するたんぱく質は1gあたり4kcal(キロカロリー)のエネルギーに換算され、食べ物や飲み物から摂取することで体が活動するためのエネルギー源として使われます

筋肉を作る

スポーツ選手などがプロテインを重視しているのは、たんぱく質の働きのひとつに筋肉をつくる作用があるからです。

筋肉はエクササイズや筋トレを通じて鍛えられることはご存知でしょう。
エクササイズなどで適度な刺激を受けて筋肉は傷ついてしまいますが、同時にたんぱく質を体内から取り込んで修復してさらに強い筋肉へと作り直されて鍛えられていきます。

そのため適度にプロテインを飲むことで、より効率よく筋肉を鍛えることができるのです。

免疫力を高める

たんぱく質は筋肉や内臓など重要な部分を作っており、病気を予防したり病気になった時に回復させようとする免疫細胞を作り出す働きもあります

ところがたんぱく質は体の中にためておくことができず、細胞への合成と分解とを繰り返しています。そのため、不足してくると免疫細胞が上手く作れず免疫力が低下して病気になりやすくなります。

プロテインを飲むことで、免疫力を高めより健康的な体に近づきます。

お肌や髪の質を良くする

質の良いたんぱく質は体の中での細胞生成においても新陳代謝を良くする働きがあるため、お肌のターンオーバーを整えてより美しくします。

髪は死んだ細胞といわれていますが、たんぱく質をしっかり摂っているとその元となる細胞がきれいなため、つやと潤いのある髪が伸びてきます。

血液を作り出す

女性の中には鉄分不足で貧血に悩む人も多くいますが、振り返ってみるとたんぱく質が不足していたというケースがあります。

たんぱく質は、血液中の赤血球の赤色のもととなるヘモグロビンを作る材料となります。そのため、たんぱく質をしっかりと取ることで鉄分の吸収をよくして血液量を増やします。

骨密度を上げる

骨はコラーゲンをメインとしながらもたんぱく質の集まりによってつくられています。

そのため十分なたんぱく質を摂ることでしっかりとした密度のある骨を作り出すことができます

プロテインがバストアップに影響する理由とは

このように体にとって良い効果が満載のプロテインですが、どうしてバストアップに影響するのでしょうか。

その働きを考える前に、胸がどのような仕組みになっているのかを知っておきましょう。

胸の構造について

胸は乳頭をバストトップとして大胸筋にかけて乳腺が張り巡らされています。

その乳腺と大胸筋をつなぐ役割を果たしているのがクーパー靭帯と呼ばれるコラーゲンからできている繊維です。乳腺の間には脂肪細胞がぎっしりとつまっており、乳腺を守るためのクッションとなっています。

そして、多くの方が抱えるお悩みの中で多いのがバストの形の崩れや垂れ、さらにはバストの小ささです。
これらの悩みを改善するにはバストを支える元となる大胸筋を鍛えて、更に乳腺を発達させて脂肪分を増やさなければなりませんが、これらの条件を満たしてくれるのが他でもないたんぱく質です。

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

大胸筋を鍛える

プロテインを構成するたんぱく質は筋肉を作り出す働きがあります

そのため、バストアップエクササイズをしている人であれば、エクササイズをするタイミングの前後でプロテインを飲むことで、エクササイズで傷ついた筋肉を速やかに補修して、さらにしなやかで強い筋肉を作り出すことができます。

乳腺を発達させる

乳腺が成長するには女性ホルモンのひとつエストロゲンが深くかかわっていて、分泌量が増えることで乳腺に栄養が行き届き、よりふくよかなバストへと変わっていきます。
たんぱく質にはエストロゲン分泌を促す働きがあるので継続的にプロテインを飲むことでバストアップにつながるのです。

また、たんぱく質の中には体内で作りだせない必須アミノ酸が含まれています。
必須アミノ酸は肉や魚などのたんぱく質に含まれていて体内に取り込まれることで栄養素として働きかけて健康な体を作り出していきます。

そのため、プロテインを飲むと栄養をしっかりと取ることができバストにも栄養が行き届きサイズアップが見込めるのです。


たんぱく質にはバストの土台となる大胸筋の成長を助けるだけでなく乳腺が発達するのをサポートする働きもあるんですね。
大胸筋を鍛えることでバストが上向きになってきて形の良いおわん型になっていくんですよ。
ダイエット中などは食事制限をしてしまいがちですが、プロテインドリンクなどでたんぱく質は取っておく方がいいですね。

 

プロテインの種類

プロテインと一言にいっても含まれる食材によって種類が異なります。

代表的な種類についてご紹介しましょう。

  • ホエイプロテイン
    牛乳に含まれるたんぱく質で消化吸収に優れていますが、その分大量摂取によって太りやすくなります。
  • カゼインプロテイン
    牛乳に含まれるたんぱく質で変性しやすく酸化や加熱によって固まる性質があります。
    消化吸収スピードはホエイプロテインに比べると遅いのが特徴です。
  • ソイプロテイン
    大豆に含まれるたんぱく質で、体内で分解されにくく吸収されるまでの時間も長くかかります。
  • エッグプロテイン
    卵に含まれるたんぱく質で、脂質が少なくコレステロール値が上がりにくいのが特徴です。

これら4種類のプロテインの中でもとりわけバストアップに効果的なのが、ホエイプロテインです。

消化吸収スピードが速く摂取してから1~2時間でエネルギーに変わるだけでなく、牛乳由来なので脂質もバランスよく含まれています。そのため大胸筋が効率よく鍛えられ脂肪細胞も順調に増やすことができます

 

プロテインを飲むタイミング

体にとって同じエネルギー源となる脂肪細胞は体内で貯蓄することができますが、たんぱく質はためておくことができず1日たたずに排出されてしまいます。
そのため、飲むタイミングとしては1度に大量を飲むのではなく、1日のうちに数回に分けて飲むといいでしょう。

例えば、起床時、エクササイズの前後、夕食の前というようにバランスよく飲むことで効率よく体内に取り込むことができます

また、ドリンクとしてプロテインを飲む場合は、プロテイン単体よりも豆乳で割ってみてはいかがでしょうか。

豆乳には大豆イソフラボンが含まれていて、乳腺に働きかけるエストロゲンと似た働きをします。
豆乳自体にもソイプロテインや脂質も含まれていることから、バストアップ効果が相乗的にアップするでしょう。


アキさん、私早速プロテインを買いに行こうと思います。
エクササイズは毎日やっているので、朝とエクササイズ後、夕食のときに飲んでみますね。
あ、あと豆乳も買わなくちゃ。

えぇ、豆乳はバストに悩む女子の味方ですもんね。
最近は味付きのプロテインドリンクや、既にいろんな栄養素を配合されたプロテインドリンクも販売されているので飲みやすくなっていますよ。
美味しく飲んでバストアップに励んでくださいね。

関連記事

バストアップに効く食べ物の作り方 きなこ牛乳と豆乳ヨーグルト

豆乳に含まれるイソフラボンはバストアップの秘訣!隠されたパワーとは

キャベツで胸が大きくなる噂は本当?理由や効果を徹底解明!

むくみにくい水分の摂取法とは?バストアップにカフェインや汁物は逆効果!

みんな知ってる?ボロン(ホウ素)がバストに与える影響と上手な取り方

納豆はバストアップに効果アリ?納豆に含まれる成分と美味しい食べ方とは?