キャベツで胸が大きくなる噂は本当?理由や効果を徹底解明!


テレビでキャベツを食べたら胸が大きくなったっていう話を見たんですが、あの噂って本当なんでしょうか?
キャベツばかり食べるのって結構大変だから都市伝説なのかなって思ったりもするんです。

その番組、私も見ましたよ。バストアップをテーマにしたテレビ番組や雑誌の特集で、キャベツはバストアップに効果的だとよく取り上げられていますよね。
昔もグラビアアイドルの平山あやさんが、キャベツを食べてバストアップに挑戦したという企画を見たことがあります。

えぇぇ!本当にバストアップされたんですか?
私、結構キャベツが好きなのでそれでバストアップできるなら嬉しいんだけど……。

そうね、栄養素的にキャベツを食べて胸を大きくすることはできるのだけどでも食べ方によっては副作用が出ることもあるから注意しなければなりません。
まずはバストアップする理由についてご説明しますね。

キャベツがバストアップに効果的な理由は「ボロン」の働き

キャベツを食べるとバストアップするという噂には医学的な根拠があり、キャベツに含まれている「ボロン」という成分と深くかかわっています。

では、ボロンにはどんな働きがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

ホルモン分泌量を増やす

ボロンには体から分泌されるホルモンの分泌量を増やす働きがあります
例えば女性ホルモンのひとつであるエストロゲンや、男性ホルモンのひとつであるテストステロンの分泌量も増やして細胞の活性化が見込めます。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、女性らしい体つきと密接な関係があります。

妊娠を継続するために必須のホルモンといわれていて、乳腺を発達させて周りの脂肪細胞を増やしバストアップする働きが期待できます。
エストロゲンは体内で常時分泌されているホルモンですが、その分泌量は排卵サイクルと関連していて排卵までは徐々に分泌量が増えていくのですが、排卵と共に分泌量が減っていき、月経がはじまる前にまた分泌量が減ります。

そのため、バストのサイズだけを見ていると一番エストロゲンの分泌量が多い排卵期から月経前にかけては乳腺が発達するのでバストも張りが出てふくらみもアップしますが、月経後から排卵前にかけてはしばらくバストサイズがダウンした状態が続きます。

このタイミングでボロンを摂取することで、エストロゲンの分泌を促し極端なサイズダウンを防いでバストアップも図れるのです。


ボロンを取ったからといってすぐにバストが大きくなるわけではありません。だから、ある程度継続してボロンを摂取することが大切。
月経後はエストロゲンの分泌量が減るということは、月経開始くらいからキャベツを食べ始めるといいかもしれませんね。

 

骨を強化する

ボロンにはビタミンDをサポートする働きがあり、ビタミンDには体内へのカルシウムの吸収を促します
女性は月経があるため体内のカルシウムが流れ出てしまいやすいので積極的にカルシウムを取る必要がありますが、ビタミンDを摂取することでよりカルシウムが不足するのを防ぎ、骨を強化します。

また、加齢によってエストロゲンの分泌量が少なくなることで骨密度の減少につながってしまいますが、ボロンを積極的に摂取することで血液中のエストロゲンの分泌量が増え、骨密度の減少も緩やかになっていきます

 


ボロンという言葉、みなさんは聞いたことはありますか?
私は初耳だったのですが、調べてみると和名では「ホウ素」と呼ばれているんですよ。
キャベツ以外にもオレンジやイチゴ、豆や水にも含まれているんです。キャベツだけでなくいろんな食材を食べてみてもいいですね。

 

ボロンを摂取する際の注意点

エストロゲンの分泌量を増やして胸を大きくできる可能性があるボロンですが、摂取にあたってはいくつか注意点があります。

過熱に弱い

キャベツに含まれるボロンの一番の弱点は熱に弱く、調理に向いていないということです。

バストアップ効果を望むなら3mgが1日当たりのボロンの摂取目安量となりますが、キャベツに置き換えると3分の1玉分を食べなければなりません。3分の1玉分といえばけっこうな分量で、生の状態で食べるとするとかなりの負担になりますが、加熱調理をすればカサも減り食べやすくなります。
しかし、焼いたり炒めたりするとボロンの量が減少してしまうため、いくら食べても吸収されにくくなってしまいます。

食べるコツとしては1日1回に大量のキャベツを食べるのではなく、食事ごとに分けて生サラダとして食べるのがベストといえるでしょう。
また、加熱する際はじっくりと火を入れるのではなくサッと火を通すくらいの方がボロンの量が減るのを防げるでしょう。

 

酸化しやすい

ボロンは酸化しやすい性質があります

キャベツを生で食べることに抵抗があり仮に加熱調理した場合、すぐに食べなければなりません。

 

食前に食べる

食事からの栄養素は、満腹時よりも空腹時の方が吸収されやすい性質があります
また、食材が胃から腸に移動する際にも口に入れた順に消化され始めるので、取りたい栄養素が含まれる食材を早めに食べることで効率的に吸収できます

ボロンを含むキャベツも同様で、例えばキャベツが入ったサラダを食べる場合、食事の後半に食べるよりも食事の前に食べる方が早く消化が始まるので吸収されやすくなります。


バストアップのためには、キャベツをただ単にたくさん食べればいいわけでないので注意しなければなりませんね。
生で食べるとなると量が多くなるのでたくさん食べるのは難しくて、炒めたり焼いたり蒸したりしてしまいがちですよね。
私は、生で多くとるために千切りにしたキャベツにドレッシングをかけて食べています。その方が味付けもされて、カサも減って食べやすくなりますよ。

 

過剰摂取は禁物

キャベツに含まれるボロンがバストにいいからと、つい大量のキャベツを食べたくなってしまいますが、ボロンを取り過ぎると体に悪影響が出る場合があります
ボロンにはエストロゲンに働きかける性質があるため、取り過ぎによってホルモンバランスが乱れてしまうのです。

ホルモンバランスが乱れて女性ホルモン優位になってしまうと、月経不順を引き起こしやすくなります。また、エストロゲンの分泌量が増えることで乳がんや子宮筋腫にり患するリスクが高まってしまいます

体調面での安全を考えるためにもキャベツの過剰摂取は避けた方がいいでしょう。

 

キャベツには嬉しい栄養が盛りだくさん

ボロンのように積極的にバストアップに効果がみられる栄養素以外にも、キャベツには美容面でも効果が期待できる栄養が豊富に含まれています。

ビタミンC

美容の栄養素とも呼ばれるビタミンCには、免疫を高めてダメージを修復する効果があります。

生活習慣が乱れがちでホルモンバランスが崩れやすい方にとって悩みとなりやすいのが肌荒れですが、ビタミンCを含むキャベツを食べることで肌荒れ改善が期待できます

ビタミンK

ビタミンKには血行促進作用があるため、積極的に食べることで全身の血流をよくする働きがあります

上半身は大きく動かす機会が少ないためどうしても血流が滞りがちですが、ビタミンKを摂取することで血の巡りがよくなりバストにも血液を通じて栄養が届きやすくなります。

結果、乳腺が発達しやすくなりバストアップが見込めます。

 

葉酸

葉酸は体内でたんぱく質が作られる際に必要な拡散を作り出す働きがありますが、女性には不足しがちな成分です。

たんぱく質といえば筋肉な臓器など体を作るのに必要な栄養素で、特に胸にある大胸筋や小胸筋はバストアップにも深く関係しています。大胸筋や小胸筋が発達することでバストを支え上向きバストを目指せます。

 


なるほど!ボロンだけがバストアップに効果的なのかと思っていたんですが、他にもビタミンCやビタミンKなど体にとって嬉しい栄養素が豊富に含まれているんですね。
美容にも健康にも良い効果が出そうで、期待が膨らみます

そうそう、ビタミンCやビタミンKをわざわざ取ろうとするといろんな食材を食べなくてはならず手間がかかりますが、キャベツならサラダにして手軽に食べられるからいいですよね。
ちなみに、葉酸は妊娠初期にも必要となる成分で、胎児の発育にも深くかかわっているんです。妊活中の人は普段の食事にキャベツをプラスするといいかもしれませんね。

実は私の友達に妊活中の子がいて、サプリメントを飲んでいるんです。
バストアップが期待できて妊活にも役立つキャベツ、食事に取り入れてみたらいいよと紹介してみますね。

えぇ、ぜひ!
それと食べる際には生で食べることをおすすめしてくださいね。

関連記事

鶏肉を食べてバストアップする理由とは?おすすめレシピも紹介

豆乳に含まれるイソフラボンはバストアップの秘訣!隠されたパワーとは

バストアップしたいときにおすすめの食べ物とその働きとは?NG食品はある?

納豆はバストアップに効果アリ?納豆に含まれる成分と美味しい食べ方とは?

むくみにくい水分の摂取法とは?バストアップにカフェインや汁物は逆効果!

バストアップに効く食べ物の作り方 きなこ牛乳と豆乳ヨーグルト