デコルテ部分をふっくら見せたいあなたへ、手軽にできる方法とは


ユキさん、バストのボリュームってどこで決まるか知っていますか?

そうですね~バストのボリュームって見た目で決まりますよね。そうなるとやっぱりバストトップとアンダーとの差でしょうか?
ブラジャーのカップサイズが大きいほどバストもボリュームが出るんじゃないかなって思います。

残念!バストのボリュームが見た目で決まるのは正解ですが、その判断はブラジャーのカップサイズではなく、デコルテ部分のふっくら度合いで決まってくるんですよ。

確かに、言われてみれば、おなじブラジャーのサイズの人でもデコルテ部分がふっくらしている人と肉付きが悪い人ではバストのボリュームが違いますよね。

その通り!デコルテ部分でバストの印象は格段に変わります。今回は、ふっくらデコルテに変える方法をご紹介しますね。

デコルテ部分が痩せてしまう理由とは

ブラジャーのサイズは変わっていないのに最近ボリュームダウンしてきたと感じる人の多くは、デコルテ部分の痩せが原因となっています。
デコルテ部分が痩せてしまう理由は大きく分けて2つ、過度なダイエットと加齢にともなうハリの減少です。

そもそもバスト部分には乳腺が発達している隙間を埋めるように脂肪細胞が詰まっています。バストアップに欠かせないのは乳腺の発達とともに脂肪細胞が増えることが大切ですが、ダイエットをすることで脂肪細胞に変化が生じます。

適度なダイエットであれば問題ないのですが、例えば過度な食事制限や、あまり食事をしないまま運動ばかりをしてしまうと、体は脂肪を栄養分に変えて活動するようになります。
その結果、脂肪が減って痩せるのですが、バスト部分の脂肪も例外ではありません。

特に心臓から近いバスト近くの脂肪は燃焼効率も高く、デコルテ部分から先に痩せ始めます。「ダイエットでは胸から先に痩せる」というのはこのようなメカニズムが原因となっているのです。

また、ダイエットを続けることで自律神経の働きが悪くなり、乳腺を発達させる働きをもつ女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量も減ってしまいます。
そうなると乳腺が衰えてその隙間を埋める脂肪細胞も減り、結果としてデコルテ痩せにつながります。

加齢に伴うバストの老化もデコルテが痩せる原因の一つです。バストを支えているのは大胸筋ですが、加齢に伴い筋力が落ちてしまうため重力に従ってバストもダウンしてデコルテ部分が貧相になってしまいます。
肌細胞レベルでみてもその変化は顕著で、加齢に伴い肌細胞に含まれるコラーゲンなどハリを司る成分が体内で作られにくくなりデコルテ部分のふっくらとしたふくらみを失わせてしまいます。


デコルテが痩せてしまう原因は主に2つ、過度なダイエットと、加齢によるバストの老化現象なんですね。
過度なダイエットはホルモンバランスが乱れやすくなりますし加齢によってハリも失われてしまいます。乳腺や筋肉の衰えもデコルテ痩せの原因になっています。

 

デコルテ部分をふっくらと見せるには

では、デコルテ部分をふっくらと見せるにはどのようにすればいいのでしょうか。

大切なことは、バストを支える大胸筋を鍛えることと乳腺を発達させてバストの脂肪細胞を増やすためにホルモンバランスを整えて刺激することです。
そのためにやっておきたいのがデコルテ部分を柔らかくしてふっくらとさせるマッサージと、バストを育てるサプリメントの服用、筋力を鍛えるエクササイズ、そしてデコルテ部分を綺麗に見せるブラジャー選びです。

 

デコルテ部分をふっくらとさせるマッサージ

デコルテ部分をふっくらとさせるには乳腺の発達が不可欠です。そこでおこないたいのが血流を良くして乳腺の発達を促すマッサージです。

お風呂上りなど血行が良くなっているタイミングで、バスト部分にクリームなどのすべりがよくなる化粧品を塗っておこないましょう。

 

  1. ワキの下にバストとは反対側の指をそろえてバストに手を添える。
  2. バストの横からゆっくりとバスト下部を通り中央部分へとバストを流すように手を滑らせます。
  3. バストの下の部分に手を添わせて、バストトップへ向かって持ちあげるように撫であげます。
  4. デコルテ部は体の中心部分からワキの方向に向かって指を滑らせます。
  5. 左右5回ずつおこないます。力を入れ過ぎると乳腺を支えているクーパー靭帯を傷つける可能性があるため、優しい力加減でおこないましょう。

デコルテをふっくらとさせるにはマッサージで血行促進しながら、乳腺を刺激することが大切なんですね。無理に力をいれると乳腺と大胸筋をつなげているクーパー靭帯を傷めてしまって余計にバストが垂れてしまいます。
程よい力加減を心がけるといいですね。

デコルテ部分にふくらみをもたせるサプリメント

デコルテ部分をふっくらとさせるには、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンの分泌量を増やし、乳腺を発達させる必要があります。

そこで役立つのがサプリメントの摂取です。
市販されているサプリメントの中でも、女性ホルモンの分泌量を高める成分や、女性ホルモンと類似の働きをする成分を含んでいるものを選びましょう

デコルテ部分のバストアップを図れる代表的な成分としては、プエラリアが有名です。
プエラリアとは、タイなどで生育しているマメ科の植物で、女性ホルモンの働きを助けるプエラリンという性分が含まれています。さらに、女性ホルモンと似た働きをする植物性エストロゲンも含まれており、乳腺を発達させるとともにお肌のハリも取り戻させます。

プエラリアの他にも、イソフラボンもデコルテ部分のバストアップに効果があります。イソフラボンは大豆に多く含まれていて女性ホルモン類似の働きをします。


プエラリアやイソフラボンが含まれるサプリメントを常用するとホルモンバランスも整ってきてデコルテもふっくらとしてくるようです。
でも、これらの成分は飲み過ぎると体調を崩す恐れもあるので用量を守って飲んでくださいね

大胸筋を鍛えるエクササイズ

デコルテ部分の肉が落ちて衰えてくるのは胸全体を支えている大胸筋が弱ってくることも原因の一つです。そこで、大胸筋を鍛えるエクササイズを取り入れてみましょう
手軽に取り入れられるエクササイズをご紹介します。

エクササイズでは、胸を張った状態で姿勢を正して行いますが、これにより猫背気味だった方の姿勢改善にも役立ちます。
姿勢がよくなるとバストも上向きになるので、デコルテ部分にもふっくらとしたハリが戻ってきます。

  1. 椅子に座った状態、もしくは足を肩幅に開いて立った状態で胸を張り背筋をまっすぐ伸ばす。
  2. 両手の平を胸の前で合わせ、合掌のポーズをとる。
  3. ゆっくりと息を吐きながら、手のひら全体に負荷がかかるように5秒ほどかけて両手を押し合わせていく。このとき、両脇から二の腕にかけてと、大胸筋に力が入っていることを意識する。
  4. ゆっくりと力を抜きリラックスする。
  5. ③~④を10回繰り返す。

 

デコルテ部分がふっくらとして見えるブラジャー選びのポイント

最後は見た目からバストの形を整えていきましょう。そこで欠かせないのがデコルテ部分をふっくらとした見た目に変えるブラジャーです。

リラックスブラなど補正力の弱いブラジャーはバストトップが下がるため、どうしてもデコルテ部分の肉が落ちて見えます。反対に補正力が高くバストを持ち上げる効果が高いブラジャーは、デコルテ部分もふくよかに見せてくれます

選ぶポイントとしては、

  • サイドベルトが太めで背中やわき腹の肉をバストに持ってこれる
  • ワイヤー入りカップでバストの重みもしっかりサポートできる
  • 2分の1カップよりも4分の3カップなどでしっかりとバストをカバーできる

これらの特徴を持ったブラジャーを選ぶようにしましょう。


実は、昔に比べるとバストが小さくなっていた気がしたのですが、やっぱり加齢が原因だったんですね。
10代の頃はデコルテとかバストの形に悩むこともなかったのに……

大丈夫!デコルテの痩せは頑張ったら取り戻せますよ。今回ご紹介した中でも、毎日のエクササイズやマッサージは特に重要です。
継続しておこなうことで、バストの変化を感じることができますよ。予算的に余裕があるならサプリメントの服用もおすすめです。

年齢に負けないバスト作り、今からでも間に合うんですね。これから毎日頑張ってみたいと思います。
そう言えば、バストアップに効果的なクリームを前に買ったので、それを塗りながらマッサージをしてみますね。

関連記事

バストの大きさとストレスの関係

ダイエットで胸は小さくなる?バストを維持するポイントは大胸筋!

バストを活かす・バストで活かすファッションのお話

エステでバストアップしたい方必見。メニューの内容やメリットは?

水とバストアップの関係 「水」を味方につける飲み方を!

【バスト脱毛】気になる胸周りのムダ毛はどう処理する?