ヒアルロン酸を使った豊胸手術は安全?そのメリットやデメリットは?


ねぇねぇアキさん、この美容外科の広告を見ました?最近の豊胸手術は、とても安くできるようになったんですね。
安全性も高そうだし、私もやってみようかしら。

豊胸手術ですか?ちょっとその広告見せてください。
なるほど、ヒアルロン酸を使う方法ね。豊胸手術にはいろんな方法があるのだけど、ヒアルロン酸注入は他の方法に比べると一番手軽で安くできると注目されていますね。
どんな方法なのか詳しくお話しますね。

 

ヒアルロン酸注入による豊胸手術とは?

現在美容整形外科で行われている豊胸手術は大きく分けて3つ。
豊胸バッグを胸の奥に埋め込む方法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法があります。

豊胸バッグを埋め込む方法はシリコンバッグ埋没法とも呼ばれていて、胸の皮膚を切開したうえで皮膚の下や大胸筋付近にシリコンバッグを入れる手術法です。
脂肪注入法とは、体の別の部分、腹部やお尻、太ももなど皮下脂肪が多い部位の脂肪を吸引したうえで、質の良い脂肪を選別してバストに注入する手術法です。
これらの手術法は痛みが強く術後に安静にしなければならないことや、後遺症のリスクが高いこと、費用がかかってしまうというデメリットがありました。

そこで、近年人気が出ているのがヒアルロン酸注入法で、バストの一部にヒアルロン酸を注入する方法のことです。


ヒアルロン酸とは、人の体内で生成される成分であり人の皮膚や細胞などに存在しています。豊胸手術で用いられるヒアルロン酸はもちろん人工的に作られたものですが、病院によっては、豊胸用手術専用の粒子の細かなヒアルロン酸を開発しているところもあります。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術は、他の手術法に比べるとリスクが低く、料金も安くできるのでプチ豊胸と呼ばれていて利用者が急増中です。

 

ヒアルロン酸注入のメリットとは?

1~2年で形を変えることができる

ヒアルロン酸は注入してから徐々に体内に吸収されていくので、個人差はあるものの1~2年ほどが持続期間となります。

そのため、一度お試しで注入してサイズを見てから、小さくなってきた頃合いを見計らって、次は多く注入したり、少なめに注入したりと自分自身で希望の形に変えることができます

追加注入ができる

ヒアルロン酸の特徴は足りないと思った時に追加で注入しても問題ないということです。

シリコンバッグ埋め込み法の場合だとシリコンのサイズが合わなかったからといって追加でいれることはできず、一旦取り出して新しいものを入れる必要があります。

脂肪注入も同じくで、再び脂肪吸引をして分離にかけて鮮度がよいものを注入しなければなりません。ヒアルロン酸注入ではそのような手間はかからず、サイズを大きくしたい場合は追加注入すればいいだけです。

 

手軽に注入できるのは便利ではないでしょうか。

部分注入ができる

ヒアルロン酸は病院にもよりますが10cc程度から注入量を選べます。

注入時は広範囲に及ぶものではなく、一部に限られるのでハリが欲しい、もっとボリュームが欲しいといったところだけ注入して豊胸することができます。

自然な形に仕上がる

ヒアルロン酸注入をする場合、液体の注入なのでバストが自然で丸みのあるフォルムに仕上がります

シリコンバッグの場合はあからさまに豊胸とわかるような人工的な形に仕上がりバストに段差ができる場合があります。
また、脂肪注入でも注入箇所がデコボコしてしまうこともありトラブルは尽きません。

 

ヒアルロン酸注入の場合は、副作用も少なく柔らかで質感の良いバストに仕上がります。最近の主流の豊胸手術の中では一番自然に仕上がる術式ではないでしょうか。

傷跡が小さい

シリコンバッグ埋め込み法の場合、シリコンバッグを入れるためにお肌を切開しなければなりません。大きめのシリコンバッグの場合はその分切開部分も長くなってしまい、傷跡が目立ってしまいます。
病院側としては、わきの下を切開するなど目立たない工夫をしているのですが、切開部分が大きくなるとどうしても目立ってしまうのです。

この点、ヒアルロン酸注入は注射器で行うので、注入口が小さく済みます。
ヒアルロン酸は傷跡が小さく目立たないので、傷跡を気にされる方にとっては豊胸手術の中でも第一の選択肢となっています。

ダウンタイムなし

シリコンバッグや脂肪吸引・注入の場合、ダウンタイムといって術後に安静にしなければならない日が3~7日ほど続きます。
術後は激しい痛みが起こりマッサージなどのケアを続けなければならないのですが、ヒアルロン酸注入は、切開せず大量に注入するわけでもないので、ダウンタイムがありません。

手術した翌日から入浴も可能となっています。

痛みが少ない

豊胸手術で辛いのは手術後の痛みは化膿、感染症の心配ではないでしょうか。

ヒアルロン酸注入は、注射器でヒアルロン酸を注入するだけなので「数センチ切開しなければならない」という豊胸手術とは異なります。また、注入後もバストになじみやすいため痛みが少ないというメリットもあります。

術後のケアは不要

豊胸手術で特に手間がかかるのが術後のケアです。

シリコンバッグを入れた場合は、体が異物とみなして拒絶反応を起こさないようにするため、また血液の循環を良くするためにマッサージを行わなければなりません
脂肪注入も同じく、自分の体から取ってきた脂肪であっても一度外に出てしまうと異物になります。そのため、注入後にしっかりとマッサージしておかないと異物反応がでてしまいます。
術後は脂肪分が体になじんでいないため、いたるところでお肌がぶつけたように黄色や青色に変わってしまいます。

この変色はお肌の下で内出血をしているという証で、良くもみほぐして脂肪と同化させなければなりません。そこで、マッサージをおこなうのですが、触れた際に痛みがひどい人もいてアフターケアにはみなさん苦労しているようです。

ヒアルロン酸注入の場合は体になじみやすいので、痛みが少ないだけでなく術後のケアも特別に必要ありません

料金が安い

ヒアルロン酸注入法の中でも一番のメリットといえるのがその費用ではないでしょうか。例えばシリコンバッグ埋め込み法であれば、高いものだと100万円を超え、脂肪注入法でも30~50万円に加えて脂肪吸引法も合わせ執り行われます
最終的に100万円近くするので利用者にとっては大きなネックとなっていました。

ところが、画期的に豊胸手術を変えたのがヒアルロン酸注入法です。
費用は注入する量にもよりますが、10ccで10万円、高い所でも20万円ほどと他の方法に比べるとかなり割安になっています。

短時間で終わる

ヒアルロン酸注入法は特別な切開などの大規模な手術が行われないため、短時間で終わります。その時間、実に20分。
もちろん手術の内容は個人差があるのですが、このような短時間で豊胸手術を終えてしまいます。

妊娠時や出産時に影響なし

豊胸手術をするときに女性なら気になるのが、妊娠したときや出産時の心配ではないでしょうか。
確かに、シリコンバッグ埋め込み法の場合、胸の中に固形物が入っています。
妊娠時にホルモンバランスが変わり、バストが急成長してしまった時にシリコンバッグがバスト内部で押されて外観が崩れてしまいます。崩れるならまだ救いですが、シリコンバッグが破裂して内容物が出てきてしまうケースもあります。

ヒアルロン酸はバストの内部組織そのものと一体化するので、妊娠中や出産後にバストが大きくなる状態でも影響がありません

 

ヒアルロン酸注入のデメリットとは?

効果が持続しない

シリコンバッグや脂肪注入の場合、一度手術をすればその状態が持続しますが、ヒアルロン酸は吸収されてしまうため1~2年で効果が消えてしまいます。
そのため、再度注入する必要があり費用もかかってしまいます

まれに硬いしこりができる

ヒアルロン酸が注入されると周囲に被膜ができるため、それが固まってしこりのような感触になるケースがあります
これを乳がんのしこりと間違えてしまうこともあるので、病院にかかる際は豊胸している旨を告げるようにしましょう。

乳がん検診で誤診の可能性がある

ヒアルロン酸が注入された部分は、乳がん検診を受けた際にのう胞のような真っ黒い粒の集合体に移ります。
そのため、乳がんをはじめとする病変と間違われる可能性も少なくありません

 


ヒアルロン酸注入法は、効果が1~2年で切れてしまうけれど、とってもメリットが多いんですね。
特に予算が少ない学生さんや若手OLさんからの人気が高い理由もよく分かりました。
話を聞いてとっても興味が出たので、今度美容整形外科に行ってみます。

あら、ユキさん、ヒアルロン酸注入をするの?
いきなりたくさん入れると自分が不自然な気持ちになるので、まずは少量から試してみるといいですよ。
それで物足りないなら追加注入して形やボリュームを追及してみてくださいね。

関連記事

豊胸手術の歴史 進化を続けるプロテーゼ

ナチュラルにバストアップ!「アクアフィリング豊胸術」

脂肪注入の豊胸手術はバストアップできる?手術法やメリットは?

シリコンバッグ豊胸手術はバレやすい?最先端の手術法やメリットは?

豊胸手術の美容整形外科の選び方 費用や口コミ・注意点を解説

今や定番化!豊胸手術の種類とメリット・デメリットとは?