盛りブラって効果はあるの?本当にバストアップできる盛りブラとは?


今度、彼氏と旅行に行くんです。長い時間一緒にいるんだけど、私バストに自信がなくて。
ちょっとでも大きくできればいいのですが、バストってすぐに大きくなるわけじゃないから恥ずかしくて悩んでいるんです。
例えばブラジャーを変えることでバストアップすることってできますか?

ユキさん、それならおすすめのブラがありますよ。
今話題の「盛りブラ」を試してみませんか。盛りブラなら、つけるだけでバストの形が各段に変わるんですよ。
気になるバストのたるみもはみ出し肉も、谷間もボリュームだってブラジャーひとつで改善しちゃいます。

話題の盛りブラとは?

10代から20代を中心に人気が出ている盛りブラは、雑誌でも取り上げられるくらい大反響を呼んでいます。
大手ランジェリーショップでは、盛りブラシリーズが売れに売れてなんと累計で600万枚を超えるヒットとなっています。

盛りブラとはどのようなブラジャーなのでしょうか。

盛りブラとは、自分自身の体を変えることはなく、着用するだけでバストのボリュームをアップさせ、くっきり谷間も作って盛れるブラジャーのこと
ボリュームがアップするから、デコルテ部分が露出するファッションでも自信を持って着ることができます。バストを横から寄せて上にあげて、まさに「盛る」という言葉がぴったりのブラジャーです。

普通のブラジャーだとバストが盛れない理由

サイズを測って、市販されているブラジャーを購入しているもののなんだがボリュームが出ないと悩む女性は多いもの。
では、どうして思い通りに盛ることができないのでしょうか。

・谷間ができない

パッドが薄かったりアンダー部分からのサポートが少なかったりする場合、バストが脇に流れてしまいます
バストが柔らかすぎてハリが無い場合も、横からバストを寄せるとアンダーの部分にバストが流れてしまって垂れてしまうため、谷間ができづらくなります。
ワイヤーなしのラクチンブラも谷間ができにくい原因で、アンダーを形作ることができなくなり、バストが潰れて横や下にバストが流れてしまいます。

・バストが垂れる

ストラップが細すぎる場合、ブラでバストを支えることができません。
カップが小さすぎる場合もバストの重みに耐えきれず下方向にバストが流れて垂れる原因になります

・背中のお肉が段々になってしまう

デザイン重視の方はサイドの部分が細いブラを選んでしまいがちです。
確かに、サイド部分が太いとスポーツブラのようなデザインになるのでおしゃれ度ダウンは避けられません。
しかし、サイド部分が細いブラは一本の線でバスト脇を支える仕様なので、脇や背中のお肉が上下にはみ出てしまいます。せっかく谷間はできても、後ろ側はお肉が段々になってしまっているという恥ずかしい結果になることも。

・わき腹にバストが流れる

カップのサイズが合っていないとバストがブラの上からはみ出てしまいます。
デコルテ部分に流れる分には構わないのですが、ブラのサイドが緩いとバストがわき腹側に流れてしまいます。正面から見ると平坦なバストになってしまいがちです。

・デコルテが貧相になる

カップの形が平面的でバストを下から持ち上げる力が弱い場合、カップの下側にバストが集まってしまいがちです。
上部にバストが集まらない分、ブラの上側がペタンとなってしまってボリュームが出ず寂しげなデコルテになってしまいます。


電車などでふと振り返ると、背中のお肉が段々になっている女性をたまに見かけますよね。
自分も知らない間にそんな外見になっているかと思うとゾッっとしちゃいます。

普通のブラだとデコルテ部分のボリュームも出にくいので、アピールするなら断然盛りブラがおすすめです。

 

盛りブラを付けるとバストはこんなに変わる

今話題の盛りブラは、着用するだけでバストの形を整えてボリュームアップさせてくれます。
具体的にはこのように変わるメリットがあります。

・くっきりとした谷間ができる

盛りブラの魅力は何と言ってもくっきりとした谷間。普通のブラだとボリュームが出なくて泣きそうだと感じている方も諦めるのはまだ早いのです。
盛りブラは、バストだけでなく脇や背中からお肉を集めてバストに変えます
また、カップの下側を厚手にしたりパッドを組み入れることで、バストを横だけでなく下や斜め下から寄せあげます。
普通のブラなら横に流れるお肉もバストに変わり、くっきり谷間を形作ります。

・脇のお肉もバストに変わる

盛りブラの秘密は脇高設計に隠されています。
普通のブラはサイド部分の高さが低く3センチ程度となっています。盛りブラはその2倍の6センチくらいのサイド設計になっているため、はみ出しがちな背中や脇のお肉を逃さずバスト側に引き込んできます

・デコルテにボリュームが出る

普通のブラだとデコルテ部分が寂しくなりがちですよね。これを覆すのが盛りブラです。盛りブラの名前の由来はバストを盛ること。背中からわき腹にかけてのバストを中央部分に寄せてきて、しかも下からぐっと持ち上げます。
寄せているのにデコルテ部分には自然なボリュームが出てきます。オフショルダーなどデコルテ部分が出るおしゃれを楽しむなら断然盛りブラです。

・背中の段々がなくなる

洋服越しに見える背中の段々はとても恥ずかしくありませんか。
盛りブラだとサイド部分とバック部分が太くなっているので、背中や脇のお肉をしっかりサポート。背中からサイドにかけてのフォルムをスッキリ整えます

・姿勢がよくなる

盛りブラはアンダーバストからストラップにかけてバストを引き上げるだけでなく、補正力が強いのも魅力です。
盛りブラを付けることで胸が開くようになり、猫背の改善効果も期待できます

・シームレスで洋服に響かない

ピッタリとした洋服を着る際に、ブラの縫い目が表面に透けるという経験をした人は少なくありません。特に、ブラのふちのデコボコやホック部分は透けやすいので人の視線が気になる方もいるのではないでしょうか。
盛りブラはバスト全体を支え込むので、カップから背中にかけての縫い目が少ないものが多く、Tシャツをはじめとするトップスにも響きにくい設計になっています

 

選ぶならこんな盛りブラがおすすめ

「盛りブラ」と一言に行っても、メーカーによって作りが多少違います。そこで、一番盛れる盛りブラのポイントを押さえておきましょう。

・カップサイズは4分の3

盛りブラで谷間を作りやすいカップは4分の3サイズがおすすめです。
バストが大きい人はフルカップが胸の形をキレイに仕上げられますが、バスト全体を包んでしまうため、デコルテのふくらみが少なくなってしまいがちです。
反対に2分の1サイズはバストを支えきれずに横や後ろに流れてしまいやすくなります。
4分の3サイズはバストを下から支えるだけでなく左右から寄せるので、くっきりとした谷間ができやすくなります。

・サイドから下にかけて斜めにパッドが入っている

盛りブラにとってパッドは必須機能のひとつですが、その配置場所がポイントです。
たいていのブラは下にパッドが入っていて、下からバストを持ち上げるタイプになっています。バストを盛るなら、下からだけでなく斜め下から谷間に向かって持ち上げる必要があるため下からでは足りません。
バストを盛るなら、サイドから下にかけてパッドが入っているブラを選びましょう

・サイドベルトが太め

サイドベルトが太めに作られることで、背中とわき腹のお肉を引き寄せられるので上下からはみ出る問題を防げます。

・ストラップが太い

細いストラップだとバストをしっかりと持ち上げられず、重力に負けて垂れてしまう原因になってしまいます。

ブラのバスト持ち上げ力を高めるなら、太めのストラップを選ぶのがおすすめ。動いてもブラがズレにくく、バストの揺れを軽減します。

・谷間を作るならホルタ―ネック

ブラのストラップを首の後ろで結ぶタイプのホルタ―ネックは、バストを斜め下から持ち上げる効果があります
わき腹からぐっと持ち上げることで谷間を作り、ブラ上部分も盛ることができます。


たくさんある条件を満たした盛りブラを買ってみたところ、いつもつけているブラとは大違いでした。
もともと小さくて、デコルテも貧相だったのですが、盛りブラを付けたらまさかの谷間とふくらみができたんです。
盛りブラ人気が高い理由もよく分かりましたよ。

ユキさんはもうバストの不安はなくなったでしょうか。彼氏との旅行も盛り上がりそうですね。
そうそう、盛りブラを付けると深い谷間もできるからセクシー度もかなりアップしますよ。胸が開いているファッションをするときなど胸をアピールしたいとき用に1枚は持っておくといいですね。

関連記事

見直してみませんか?ノンワイヤーブラ

補正下着は本当に効果があるの?

育乳ブラとは? エクサブラ・ブラデリス・スーザがおすすめ!

体のラインの維持に効果的な高機能下着(シェイプウェア)

世界の下着事情 国によって下着の意識はここまで違う!

ブラジャーを長持ちさせるには洗い方がポイント 洗濯ボールもおすすめ