ツボの刺激でバストアップ?!全身のツボをご紹介


ふむふむ……足やせに効くツボはココとココ……と。後は、血行を良くするツボは……。

ミナさん、こんにちは~。もしかして、ツボの勉強をしているんですか?バストアップできるツボもありますか?

えぇ、もちろん。ツボは体の各部にあるんだけど、その中でもいくつかバストアップに効果があるツボもありますよ。自分で刺激しやすいツボをご紹介しますね。

そもそもツボとはどんなもの?

美容特集や健康特集を見ていると必ずといっていいほど出てくるのが「ツボ」。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
でも、ツボっていったいどんな働きをするのか、よく分からないという意見も耳にします。バストアップの前に、ツボとは何かを知っておきましょう。

ツボとは、東洋医学で言う「経穴(けいけつ)」のことで、人の体には「経路」と呼ばれる「気」や血液が巡る道が通っています

経路の途中には経穴が存在しており、気や血液が循環すると言われています。
経穴は、足の付け根や関節など血管が分岐するところに集中しつつも、体中に点在しています。その数、なんと361個(世界保健機構WHOの認定より)。

経路が全身を巡っていることから、内臓や全身を構成するすべての部位につながっていると言われています。そのため、経穴を刺激することで、気の流れや血液の循環がよくなり、血流が改善されたり、栄養やホルモンが循環しやすくなったりと体にとって良い影響を与えるとされています。

また、全てのツボが同じ効果を持つのではなく、ツボによっては、刺激することで得られる効果が異なります。自分がどんな効果効能を求めているのかを理解してから、ツボ刺激を行うようにしましょう。

ところで、ツボを押したときに、痛みを感じる方がいれば、その一方で痛みを感じずに心地よいと感じる方もいます。
この違いはというと、ツボと通じている内臓や部位に不調があったり老廃物が溜まっていたり、血液や気の巡りが止まっていると痛みを感じてしまいます。反対に心地よい刺激を感じる方は、順調な証拠。

ツボは好調か不調なのかの判断材料にも利用できます


ツボには健康面や美容面でも効果があるって言われていますよね。
ダイエットに良いとか冷え症を改善するとか、いろんな効果がある中で、バストアップにつながるツボもあるみたい
どこを押せばいいのか、詳しく見ていきましょう。

 

バストアップに効くツボの種類は3つ

さて、たくさんあるツボの中で、バストアップに効くツボは主に3つの効能に分かれます。
一つ目が、胸の血流を良くするツボ、もう一つがバストアップに欠かせない乳腺の発達を促すエストロゲンの分泌量を増やすツボ、そして残りのひとつが乳腺を発達させるツボです。

それでは、全身にあるツボの中からそれぞれの効能があるツボを見ていきましょう。

 

■胸の血流を良くするツボ

・渕腋(えんえき)

バストの下部にあり、バストの血流を良くする働きがあるツボです。
渕腋を定期的に刺激することで新陳代謝がよくなるのでハリが戻ってきて、バストにも栄養が伝わりやすくなります。バストアップには欠かせないツボです。

位置:バストサイドにあり、乳首から外側に向けて10cm離れた部分にあり、押すと軽い痛みが感じられます。

押し方:親指の腹を押し当てて5秒くらいかけてゆっくりと刺激します。

・中府(ちゅうふ)

リンパ節があつまる鎖骨近くにあり、刺激によって血流とリンパの流れを良くします
血行促進効果によってバストに栄養をしっかりと送り届けて、バストアップだけでなくハリも取り戻します。

位置:鎖骨と肩との交わりにあるくぼみから、指を1本分下がったところにあります。

押し方:ゆっくりと5秒ほど押して、徐々に力を戻していきます。5回ほど繰り返しましょう。

・湧泉(ゆうせん)

足の裏にあり、全身の血行を良くしてエネルギーを循環させるツボです。
血行が良くなることでバストにも栄養が行き届きバストアップにつながります。

位置:土踏まずの一番上側、中央部分より少し上に位置していて、足の指を曲げたときにへこみができる場所にあります。

押し方:足の裏全体を軽くもみほぐしたあと、両手の親指を重ねて湧泉の上に置きます。少しずつ3秒ほど押し当てて、ゆっくりと戻していきます。

・肩井(けんせい)

背部にあるツボで、肩周辺の血行を良くします
肩は胸ともつながっているので、肩井を刺激することでバストアップが望めます。肩こり解消にも効果を発揮します。

位置:肩甲骨からまっすぐ上に向かって肩の一番トップ部にあります。乳首から上に向かって伸ばしたラインと交わるところです。

押し方:人差し指と中指を合わせて肩井を刺激します。肩井の周辺を優しくほぐすように揉んでも構いません。

 

■エストロゲンの分泌量を増やすツボ

・三陰交(さんいんこう)

女性ホルモン、エストロゲンの分泌量が増えると乳腺が発達するといわれています。
エストロゲンの分泌量を増やす働きがあるのが、三陰交です。

位置:ふくらはぎの内側にあり、内くるぶしから指4つ分上に上がったところにあります。骨と筋肉との隙間にあるので、指を押し込んでみましょう。

押し方:足を倒して座り、三陰交に親指を寝かせて添わせます。そのまま、ゆっくりと10秒くらいかけて三陰交を押していきます。
血流が悪い方は痛みが大きくなりますが、刺激しているうちに痛みが徐々に和らいでいきます。慣れてきたら少し強めに押しても構いません。


三陰交は足の血行を良くする働きもあるので冷え症改善も期待できるといわれていますよね。
三陰交を刺激することで女性ホルモンのバランスも整えられて、月経不順やイライラも良くなるようですよ

・壇中(だんちゅう)

女性ホルモンのバランスを整え、エストロゲンの分泌量を調整できるツボです。

位置:両方の胸の中央部分、乳首と乳首とを直線でつなげた真ん中にあります。肋骨の間にあり、押すと少し痛みを感じるところです。

押し方:親指を横に寝かせて壇中にあて、ゆっくりと5秒間押し続けます。

・乳根(にゅうこん)

血液やリンパの流れを促し、女性ホルモンの分泌も増やすのでバストアップにつながるツボです。

位置:乳首から真下にむかって、バストの下辺(バージストライン)にあたるところにあります。

押し方:ゆっくりと3秒ほど押して、少しずつ力を抜きます。5回繰り返します。

 

■乳腺を発達させるツボ

 

・天渓(てんけい)

胸の内側には乳腺がびっしりと張り巡らされていて、そこに脂肪細胞がつくことで構成されています。
天渓は、その乳腺を発達させることで周辺につく脂肪細胞の量も増やす働きがあります

位置:乳首があるラインを横につなげていき、バストサイドと交わる部分にあります。肋骨の合間にあり、押すと鋭い痛みが走ります。

押し方:親指の腹を使って、バストサイドから内側に向けて押します。左右同時にゆっくりと10秒ほどかけて押しましょう。

・神封(しんぷう)

胸を通る経路を司っていて、乳腺の発達を促します。
また、エストロゲンの分泌量を増やす効果もあるので、全体的なバストアップが見込めます。

位置:左右の乳首をラインでつないだ中央部分から、親指2本分くらい外側に向かった場所にあります。

押し方:神封に中指をあてて、ぐっと胸を後ろに反らせます。息を吸い込むのと同時に神封をゆっくりと押し込みます。

ツボを押す時の注意点

ツボは効果があるものの、ただ強く押せばよいというものではありません。
注意点を確認しておきましょう。

力加減は調整して
ツボによっては、軽く押すだけで激痛を感じたり、強く押してもそれほど痛みを感じないものがあります。
強く押すとそれだけ効果が出るわけではないので、自分にとって心地よい程度で押すようにしましょう。

飲酒中、激しい運動の後は避ける
アルコールを飲んだり激しい運動の後は血行が良くなっている状態です。ツボ刺激をすると体調不良を引き起こす可能性があるので、避けましょう

妊娠中はNG
妊娠中は出産に向けてホルモンバランスが変わりやすく体調も不安定です。ツボ刺激によってトラブルが起こる可能性もあるので、控えましょう


バストアップに効果が期待できるツボって、こんなにもたくさんあると初めて知りました。
でも、全部を刺激するとなると、結構大変そうですね。

確かに、たくさんあるけど、欲張らないことも肝心ですよ。
自分にとって効き目を感じられるツボや押していて気持ちいいと感じるツボを選んで刺激するといいかもしれませんね
また、毎日継続して刺激すると、ホルモンバランスも整いやすくなるので、バストアップ効果も早くあらわれるかもしれませんね。

関連記事

バストアップ運動の前に!習慣化したいストレッチ 遠くへ伸ばす意識がコツ

マッサージでバストアップするって本当?効果的なやり方ってあるの?

お手軽ダンベルエクササイズでバストアップ

バストアップに効果のある運動はこれ!大胸筋&背筋を鍛えよう

お手軽エクササイズでバストを持ち上げる!広頚筋のトレーニング

理想のバストに変身!バストアップに効果的な乳腺マッサージとは?