ストレッチでバストアップ?効果があって簡単にできるやり方をご紹介


ミナさん、私ね、最近仕事が忙しくて運動不足を感じていて。体も凝り固まってきて、気のせいなのかバストサイズもダウンしてるんです。なにか簡単に改善できる方法ってありませんか?
そういえば、ストレッチをしたらバストアップできるというお話を聞いたことがあるんですけど、本当にバストアップするんでしょうか?私のバスト、元に戻るかなぁ。

実は私もストレッチでバストアップできる方法を探していたところなんですよ。体がこってくると姿勢も悪くなるし、そのせいでバストサイズがダウンするようです。しかも、小さくなるだけでなく、バストが垂れてしまうことも。
でも、ストレッチで体を伸ばすとバストアップ効果が期待できるみたいですよ。まずは、姿勢とバストの関係について知っておきましょう。

姿勢が悪いとバストサイズに影響する?

デスクワークや立ち仕事など、普段、体をうごかす機会が少ないと、つい体が凝り固まってしまいませんか。また、長時間パソコンを見続けているとつい姿勢が悪くなってしまうことも。


もともとバストが小さい人だと胸をコンプレックスに感じてしまって、猫背になって隠してしまいがちです。
実は、この姿勢の悪さや猫背こそがバストサイズダウンの引き金になります

では、どうして姿勢の悪さがバストサイズに影響するのでしょうか。
それは、血行の悪さと筋肉のゆるみが原因です。

 

血行の悪さ

姿勢が悪くなると肩が内側に入ってしまうため、胸筋を取り囲むように胸が両側から圧迫され、脇から胸にかけての血行が滞ります。
バストを成長させるホルモンや栄養は血液に乗ってバストに運ばれてくるのですが、血行が悪いと栄養がバストに届きにくくなってしまいます。
この状態を放置しておくとバストの成長に影響が出てしまい、人によっては左右の大きさが変わってしまったり、サイズダウンしたりとバストに関する悩みを引き起こしてしまいます。

また、血行が悪いままで放っておくと冷え症を引き起こしかねません。冷え症が進むとさらに血行が悪くなるという悪循環になってしまいます。

 

筋肉のゆるみ

姿勢の悪さはバストが垂れる原因にもなります。
バストは大胸筋に支えられているのですが、猫背になることで大胸筋が縮こまって緩んでしまいます。また、胸のサイドには小胸筋があり、バストをサイドから支えています。

しかし、姿勢が悪くなったり動かさない状態が続くと大胸筋や小胸筋が緩んでしまい、バストを支えきれずサイズダウンを引き起こします。

 

姿勢を良くしてバストアップ

姿勢の悪さや猫背を改善して美しい姿勢になるためにも、まず正しい姿勢とは何かを知っておきましょう。
正しい姿勢を見極めるために、まずは壁にかかとを付けて立ってください。頭と背中、お尻とふくらはぎ、かかとが壁に一直線につくはずです。ですが、姿勢が悪いと、背中が壁につかなかったり、お尻だけが壁にぐっとついたりという姿勢になってしまいます。その状態では正しい姿勢と言えないので、一度正しい姿勢を身につけてみましょう。

正しい姿勢にするには、壁際に立ち、あごを軽く引き、骨盤を立てる要領でお腹に力を入れます。さらに、お尻はきゅっと閉じていることを意識してみてください
するとどうでしょう、先ほどまで浮いていた姿勢が壁にしっかりと付いているはずです。
生活するときは、この正しい姿勢を意識して過ごすようにしましょう。


姿勢が悪くなることで血行が悪くなり、バストに栄養がいかなくなるのも問題だけど、筋肉が緩んで垂れてしまうのも困りますね。
正しい姿勢を意識するだけでもだいぶん変わりそうですね。

バストアップを目指すならストレッチがおすすめ

一旦姿勢が悪くなってしまうと、バストサイズダウンやバストのたれが一気に加速してしまいます。そこで、正しい姿勢を保つために取り入れたいのがストレッチです。ストレッチをして筋肉をほぐすことで、バスト周りの血行を良くしてきちんと栄養が行き届くように促します。

また、大胸筋や小胸筋を伸ばすことで筋肉を引き締め、バストをしっかりと支えて美しい形に保ちます

大胸筋を鍛えるというと、ベンチプレスのように大がかりなエクササイズを想像しがちですが、バストアップ程度であれば自宅での簡単なストレッチでも十分可能です。
たとえば、肩を広げて後ろに引くようにするだけでも胸は十分に開いて胸筋を鍛えられますが、もっとダイレクトに筋肉に伝わるストレッチを取り入れるとバストの悩みは大幅に改善します。

では、バストアップのためにはどのようなストレッチをすればよいのでしょうか、自宅でもできる簡単なストレッチをご紹介します。

肩甲骨を緩めるストレッチ

  1. 床の上に足を伸ばし、体を立てるように座ります。
  2. 右側の手を膝の上に置いて、体を左側にねじり、左側の腕は伸ばしたままで体の真後ろにつきます。距離は近すぎず遠すぎない場所に置いて、指は外側に向けます。
  3. 体をひねったまま、右手を左骨盤横について体をねじりながら、胸を床に近づけていきます。お尻が浮き気味になりますが、なるべく床につけておきましょう。
  4. 肩が横から後ろに開いてバストが押し出されるイメージで、ゆっくりと。1日に左右3回ずつおこないましょう。

このストレッチは、私もやっているのですが、体が硬い方や猫背の方は痛みを感じがち。実際に私も初めの頃は腕をついた方の肩がとても痛くて苦労したわ。
無理せずマイペースでおこなってくださいね

 

バストを釣り上げるストレッチ

  1. 両手を肩幅に広げて顔の前について、膝を地面につけて、つま先は立てます。
  2. スフィンクスのポーズのイメージでお尻はぐっと突き上げて背中を伸ばします。
  3. 胸をそらすことで、肋骨についている筋肉が鍛えられて、血液循環がよくなります。
  4. 1日1回、20秒キープします。

このエクササイズは、膝が開いてしまいがちだけど、膝をくっつけることと、腕をぐっと伸ばすことがポイント
肩から二の腕が伸びていることと、バスト部分が開いていることを意識するとやりやすいですよ。

 

姿勢が悪い人は骨盤のゆがみを解消して肩甲骨を矯正

  1. 両腕は体の後ろ側について仰向けになり両膝を立てます。
  2. つま先を立てて座り、お尻をかかとの上に乗せます。
  3. 膝を浮かしたり地面側に揺らしたりと20回繰り返します。
  4. 骨盤が引き締まって、肩が開いていることを意識しながら行います。


(バストアップの神様まとめ2 前島式肩甲骨バストアップ)

小胸筋を鍛えてバストアップする。

  1. 片膝を立てて座り、両手を体の前で合わせます。
  2. 立てた膝の方向に体をひねりながら、反対側の肘で立てた膝の上部をゆっくりと押します。
  3. 左右10秒ずつを3回行います。

小胸筋は、大胸筋とは違って、胸を横側から支えてくれる小さな筋肉。小胸筋を鍛えることで、胸を横から支えることができるので、垂れやすい胸を上向きにすることができるんですよ。

寝転びながらストレッチ

  1. 床にあおむけに寝転びます。
  2. 脇の下から反対側の手を使ってバストの付け根をほぐすように10秒程度揉みます。
  3. 反対側も同様おこないます。
  4. 両手を胸の前に合わせて、反発させるように両手を10秒程度押し合います。
  5. 2~4の動作を左右3回ずつ行います。大胸筋とともに小胸筋を鍛えるエクササイズなので、胸の筋肉がじわじわと鍛えられていることをイメージしながら行いましょう。

 

ストレッチ1週間後の結果


どうですか?ストレッチを試してみて、何か変わりましたか?

ミナさん、ビックリですよ。教えてもらったストレッチを試してみたのですが、初めのうちは肩とか体が痛くて大変でした。でも、ミナさんから教えてもらった通り、ゆっくりと痛みを感じない程度に進めていたんです。
そしたら、初日から肩が開いてきて呼吸もしやすくなったんですよ。

そうね、姿勢が悪い状態が続いていると、筋肉だけでなく肩甲骨も動かなくなってしまうので、痛みを感じてしまいがちなのよね。
でも、ムリせずに進めていたんですね。確かに、以前よりも姿勢がよくなっていますよね。バストアップの効果は感じましたか?

はい、会社の休憩時間でストレッチをしたり、毎晩、夜眠る前に寝ながらストレッチをしたり、この1週間試してみましたよ。驚くことに、肩が開いて猫背も良くなって、疲れにくくなったんです
それに何より、バストが開いて上向きになった気がします。気持ちも明るく前向きになったかもしれません。これからもストレッチを続けていきますね。

関連記事

踊ってバストアップ!ベリーダンス

理想のバストに変身!バストアップに効果的な乳腺マッサージとは?

バストアップに効果のある運動はこれ!大胸筋&背筋を鍛えよう

マッサージでバストアップするって本当?効果的なやり方ってあるの?

ツボの刺激でバストアップ?!全身のツボをご紹介

バストアップ運動の前に!習慣化したいストレッチ 遠くへ伸ばす意識がコツ