つまりを取ってバストアップ!胸を大きくするリンパマッサージの方法


ミナさん、ダイエットをするときに、リンパの流れを良くしたらいいって聞いたことがあるんだけど、バストアップにも効果があるって本当ですか?
できたらリンパマッサージについても知りたいんですが……

Aさん、よく知ってるわね。リンパとは体液のひとつなんだけど、その流れをよくすることで胸に栄養が行き届いてバストアップが期待できるのよ。
リクエストにお応えしてリンパマッサージについても教えちゃうわね。まずは、リンパとはどういうものなのかについて教えるわ。

リンパとはどういうものなの?

美容特集や健康特集、ダイエット特集などでたびたび目にするリンパとは、体内を流れる液体とその通り道のことです。体内を流れる液体というと血液を思い浮かべますが、リンパは、体の中の老廃物や毒素などを体の外に排出させるための経路のこと
リンパを刺激してリンパ液がスムーズに流れるようになると、体の中に溜まっていた老廃物や毒素が排出されやすくなります

しかし、現代人は冷え症や全身のコリ、極端なダイエット、運動不足や食生活の乱れなどで体に負担をかけがちです。
例えば、冷え症で体温が低くなると血液循環やリンパ液の循環が悪くなってしまいますし、バストに近い肩や背中が凝ってくると周辺のリンパ液の流れも悪くなる原因です。
コリがひどくなると姿勢も悪くなるので、より一層、リンパ液が循環しにくくなります。
また、普通は運動によって血行が良くなり体液の循環が促されるのですが、運動不足が続くと筋力が低下して血液やリンパ液を流す力が弱くなってしまいます。

その結果、リンパの流れも悪くなってしまい老廃物が体に残って不調が起こりやすくなります

また、リンパの流れが悪くなったり詰まったりすると、体にとって必要な栄養分やホルモンなどが運ばれにくくなり、バストにも大きくするための栄養分が行き届かず、結果としてバストのサイズダウンやバストの変形、たるみにもつながってしまいます。
特に、乳腺を発達させる働きがあるエストロゲン(女性ホルモンの一種)は届かなくなるとサイズダウンが進んでしまいます。

バストアップをさせるには、まずはリンパの流れを良くすることが大切です。
老廃物が排出されることで、リンパ液の流れが良くなり必要なエストロゲンなどのホルモン、栄養素がバストにきちんと届くようになるのです。
そこで活躍するのがリンパマッサージ。リンパを刺激しながら行うマッサージによって、リンパの流れが良くなり、リンパ液の循環も良くなります


体にはたくさんの老廃物が溜まっているので、これを排出することでリンパの流れを良くして栄養がバストに届きやすくなるというわけですね。

 

リンパマッサージの前にリンパ節の位置を知っておきましょう。

リンパマッサージをするには、マッサージをするだけではなく、老廃物が出ていく出口となるリンパ節の位置を知っておかなければなりません。
リンパ節へ向かってマッサージすることで、よりスムーズに老廃物や毒素を排出することができます。全身にはたくさんのリンパ節があるのですが、バストアップに関係するのは主に4つ。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.鎖骨リンパ節

その名の通り、鎖骨周辺にあるリンパ節です。鎖骨のへこみの中を少し押すと分かるように、多少痛みが伴います。この近くにはツボも多く、全身からのリンパ液がこの鎖骨リンパ節に向けて流れ込んできます。
鎖骨リンパ節は胸に近いこともあり、刺激することでバストアップにも関係します。

2.腋窩(えきか)リンパ節

腋窩とは、わきの下のことで、腕を上げると脇のくぼみがあると思います。まさに、この周辺に腋窩リンパ節はあります。こちらは、首やデコルテ部分、バスト、お腹からのリンパ液に加え、二の腕からのリンパ液も流れ込んできます。
腋窩リンパ節も胸と接しているため、その刺激がダイレクトにバストアップにつながります

3.鼠蹊(そけい)リンパ節

鼠蹊とは、いわゆるVゾーンのこと。両足の付け根の部分にそってへこみができていますが、ここを鼠蹊部(そけいぶ)と呼んでいます。鼠蹊リンパ節にはお腹、特に下腹部やウエスト太ももなどやふくらはぎからのリンパ液が流れ込んできます。
鼠蹊部は、子宮や卵巣がある下腹部に近く、子宮や卵巣からは女性ホルモンが分泌されます。そのため、鼠蹊リンパ節を刺激することで乳腺を発達させるエストロゲンの分泌が促進されます。

4.膝窩(しっか)リンパ節

膝窩とはひざの裏のこと。膝関節の部分は後ろから見るとへこみができていますが、この周辺にリンパ節があります。足先からふくらはぎ、太もものリンパ液を流すのに必要なリンパ節です。
こちらも太ももを通ってお腹へと通じることから女性ホルモン、エストロゲンの分泌を促す働きがあります。

吹き出しM:リンパ節は、リンパ液が運んでくる毒素や老廃物を排出するためのポイント。バストアップに関係するのは、鎖骨と脇の下、鼠蹊部と膝の裏
この4カ所を押さえておくといいですよ。

 

リンパマッサージの下準備

まずは、それぞれのリンパ節を刺激して、リンパ液がスムーズに流れるように準備をします。

1. 鎖骨リンパ節

鎖骨の内側に人差し指と中指とをそろえて入れ、内側から肩側へ向けて、ゆっくりと5回さすります。左右ともに行います。

2. 腋窩リンパ節

同じように指を2本そろえて、脇の下をもみほぐします。このとき脇の下のくぼみから鎖骨方向めがけて体の中へと指を押し込む感じで円を描くようにほぐします。少し痛みがありますが、力を加減して行いましょう。
次に、脇からバストへかけてのラインを優しくもみほぐします。このとき、強い力を加えると乳腺を支えるクーパー靭帯が傷んでしまいますので、優しい力加減で行います

3. 鼠蹊リンパ節

足の付け根で足を曲げたときにへこみが出る部分に、指をそろえてあてがいます。デリケートゾーンの方向から股関節の方向へ向けて凹んでいる部分をほぐします。
初めの間は老廃物が溜まっているので痛みを感じることもありますが、続けていくうちに慣れていきます。

4. 膝窩リンパ節

椅子に座って膝を90度に曲げると、ひざの裏にへこみができます。その凹みに指をそろえて、膝へ向かってほぐします。
足元は重力の流れからリンパの流れが特に悪くなるので、入念にもみほぐしましょう。

 

バストアップに効果のあるリンパマッサージのやり方

リンパ節をほぐせたら、あとはマッサージをしていきましょう。
リンパはお肌のすぐ下を流れているので、強い力は必要ありません。少しだけ圧を感じる様な力加減でおこないます

まずは、体全体のリンパをまとめる、鎖骨リンパ節と腋窩リンパ節を刺激するマッサージをします。

  1. 鎖骨の内側から肩の方向へ向かってゆっくりと撫でていきます。左右ともに5回行います。
  2. 腕のマッサージは4本指をそろえて親指を使って手首を挟み、手首から脇の方向へと撫で下ろします。こちらもゆっくりと、左右5回おこないます。
  3. デコルテの中央に手のひらを当てて、ゆっくりと脇の方向にスライドさせます。左右3回行います。
  4. バストの下に4本指を添えて、ゆっくりと中央部分からバストの脇の方向にスライドさせます。左右3回行います。
  5. みぞおち部分に指を4本あててゆっくりと上部へとすべらせ鎖骨リンパへと流していきます。

これらのマッサージで、胸の近くに滞りがちな老廃物を排出しやすくし、同時に血行を良くして栄養が届きやすい体へと変わってきます。
次に足のリンパを流していきます。

  1. ふくらはぎの下側に指を4本そろえて膝窩リンパ節めがけて撫で上げます。左右5回おこないます。
  2. 両ひざ裏の膝窩リンパを円を描くように10秒ほど揉みます。
  3. ひざの裏から指を4本そろえて、太ももの内側を通って足の付け根まで撫で上げます。左右5回行います。
  4. 両鼠蹊リンパ節を10秒ほど揉みます。

このマッサージをすることで、下半身に溜まりがちな老廃物が鼠蹊部へと流され、排出されると同時に、子宮や卵巣から分泌された女性ホルモンも全身各部位に運ばれやすくなります。


なるほど!マッサージの前には老廃物が流れやすくするために、まずリンパ節を刺激するんですね。そして、胸や足のマッサージを行うといいんですね。

そうですね。老廃物や毒素が流れていくのをイメージするとマッサージしやすくなります。また、マッサージをするときはクリームなどを手に取って、滑りやすくしてから行うと、指の動きがスムーズになりますよ
ぜひ、毎日の日課にして、バストアップを目指してくださいね。

関連記事

バストアップに効果のある運動はこれ!大胸筋&背筋を鍛えよう

お手軽ダンベルエクササイズでバストアップ

ストレッチでバストアップ?効果があって簡単にできるやり方をご紹介

バストアップ運動の前に!習慣化したいストレッチ 遠くへ伸ばす意識がコツ

日課にしたい!簡単バストアップマッサージ

お手軽エクササイズでバストを持ち上げる!広頚筋のトレーニング