寝ている間もバストケア!ナイトブラで快眠&バストアップ効果

「質の良い睡眠」は、美容や健康のために欠かせません。

近年、その重要性はますます注目されるようになってきています。寝具を始めとする快眠グッズや、寝つきをよくする就寝前のエクササイズ、ハーブティーやアロマポットなどの人気も高まるばかりです。

その一つにぜひ加えてもらいたいのがナイトブラ。

就寝時の無防備なバストをサポートする、夜専用のブラジャーです。

寝返りはバストの天敵! バストラインが崩れる!?

人間は熟睡状態である「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」を90~100分を1セットとして、一晩に4~5回繰り返すと言われています。

それに伴い、自覚はないかもしれませんが、寝返りも平均20回程度は打っています。

実はこの寝返りは、体が長時間同じ体勢を取ることで起こる血流の停滞や筋肉のこわばりを緩和・解消するという大切な役目があります。

寝たきりになった人が腰やお尻、時にはふくらはぎや足首などにも縟瘡(床ずれ)と呼ばれる潰瘍を生じることをご存知でしょうか。

これは皮膚が常に圧迫されていることで血行が阻害される上、空気の交換が行われないことから組織が壊死を起こすものです。皮膚に穴が開いたり、ひどい時には筋肉や骨までが損傷を受けてしまうと言います。

また、体調が悪くて何日も寝込んでいると、体のあちこちが痛くなる…という経験は誰にでもあることでしょう。同じ姿勢を取り続けるのは、筋肉にとってもかなりキツイことなのです。

寝返りはこうした症状を防ぐために備わった人間の能力の一つと言ってもよいかもしれませんね。

ところが、この寝返りはバストにとっては逆効果となる可能性があります。

特にバストが大きい人は、寝返りを打つ度に脂肪が左右に振られて、流れやすくなる傾向があるのです。

たとえAカップでも、バストの重さは片方で約250g 。それが体の上で一晩中あちこちに動いたら、「バストラインが崩れる原因になる」と言われても納得してしまうのではないでしょうか。

また、「天然のブラ」クーパー靭帯にもダメージを与える恐れがあります。

その予防のためにも、ナイトブラは効果的なのです。

ナイトブラで快眠&バストアップ効果

日中は意識して姿勢を正したり、補正効果の高いブラジャーを着用してバストケアをしている女性は多いことでしょう。

しかし、夜間まで気をつけている人はどのくらいいるでしょうか?

むしろ、「昼の間はきちんとしているから、夜ぐらいリラックスしたい…」というのが正直なところですよね。

セクシー女優の代名詞、マリリン・モンローと言えば「寝る時はシャネルの5番だけ」というエピソードが有名ですが、実際にはバストラインが崩れるのを恐れて、ブラジャーを着けっぱなしだったそうです。

一説によると、男性とベッドを共にする時も外さなかったそうですから、自身のバストへの美意識の高さには頭が下がりますね。

しかし、当時と現代ではブラジャーの構造や効果も異なるので一概には言えませんが、日中用のものをそのまま着けて眠るのはやはり感心しません。

実際、服のまま寝てしまった時などに、苦しくて夜中に目が覚めることはありませんか?

睡眠時に体を締めつけるのがよくないことは、自分の体がいちばんよく知っているのです。

「だからブラなんてもってのほか!」と思われるかもしれませんが、「正しいナイトブラ」であればかえって快眠を得られるだけでなく、バストアップ効果も期待できることを、ぜひ知っておいてください。

ナイトブラは脂肪を「あるべき場所」にキープして「固定」する働きがあります。

毎日着けるブラジャーを替えるだけでバストサイズが変化するのはこれまでに述べたとおり。加えて、眠っている間の約8時間もナイトブラでケアできれば、より美しいバストラインを作るのも夢ではありません。

そのために気をつけたいのが、サイズだけでなく、機能や品質も確かなものを選ぶこと。

「締めつけないものだから」と、安易に考えず、自分のバストに合った一枚を見つけてくださいね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする