胸が大きい悩み バストをスッキリ見せるには?おすすめはミニマイザーブラ

ひと頃のブームは落ち着いたとはいえ、やはり豊満なバストは男女を問わず注目を浴び、憧れの的です。

しかし、

  • ブラジャーのサイズがなかなかない
  • あってもデザインが気に入らない、ゴツイ
  • バストが重くて肩がこる
  • 夏場はバストの下や谷間に汗がたまる

…などなど、大きければ大きいなりの悩みがあるようです。

また、日本では「胸が大きい=軽薄、知的でない」という、根拠もさだかではないような通説が未だに生きていますよね。

そのせいか、困ったことに実際のサイズより小さいブラジャーを常用している人も少なくないのです。

大きなバストをすっきり見せるには?

大きなバストをすっきり見せるにはフルカップが最適。

バスト全体を包み込んで、しっかりホールドしてくれます。ストラップだけで吊るわけではないので、肩コリしにくいというメリットもあります。

パッドは薄く均一に入っているものがよいでしょう。Dカップ以上になると、ボリュームよりも形を美しく整えることの方が重要になってくるからです。

肉質の柔らかい人は、下垂が気になりますよね。

この場合は4分の3カップがおすすめ。サイドベルトが太めでパワーネットを使用したものなら、バストを持ちあげてボディラインをすっきり見せてくれます。

また、大きいサイズのブラジャーはホックが3段になっていることがほとんどです。

これはバックベルトがバストの重みに負けてずり上がってこないための予防策なのです。

大きいバストをコンパクトに見せるミニマイザーブラ

海外では定番、日本でも最近隠れたヒット商品となっている「ミニマイザーブラ」。

Eカップ以上の大きなバストを「小さくコンパクトに整える」機能があります。

小胸さんにしてみれば贅沢かもしれませんが、「ブラウスのボタンがはちきれそう」「ニットや体のラインに沿った服が着られない」といった悩みを抱えているビッグバストさんは意外に多いのです。

ミニマイザーブラは伸縮性のない素材を使ったり、ワイヤーのカーブをゆるくすることでバストの高さを押さえる工夫がされています。

サイドベルトにもボーンが入っているものもあり、気になる脇のお肉もすっきりします。

サラシのようにただ押さえこむのではなく、バストの形をキープしながらボリュームを調節してくれるので、一枚は持っておきたいところですね。

ちなみに、バストアップ用ブラのように、ミニマイザーブラを毎日つけていると胸が小さくなる、というわけではありませんのでご心配なく。

A~Bカップが主流だった時代は、特に10代の間ではベルトが細いものがおしゃれとされ、カップにストラップ程度の太さしかない「紐」がくっついているようなブラジャーが流行っていました。もちろん補正効果などはあるはずもないですよね。

しかもバストの大きい人も、そんなブラジャーを使っていたので、お肉が背中やウエストに流れて、体型を崩す原因となっていました。

その頃に比べると、現代はブラジャーの品質も、女性の意識も格段に向上しています。

大きいバスト専門のランジェリーブランド

大きいバスト専門のランジェリーブランドも増えてきました。

インポートではアメリカの「ブラデリス」やフランスの「バルバラ」などが有名ですね。日本でも購入が可能なので、試してみてはいかがでしょうか。

特徴としては、日本製よりもやや大きめなので、表示よりもアンダーを一つ上げ、カップサイズを下げるとよいと言われています。

国産では「ルイ・グラマラス」がカラフルでキュートなデザインが揃っていると人気です。機能的にもインポートものに決してひけを取りません。

Eカップ以上のサイズに特化したラインを用意している大手メーカーもあります。

実は、Dカップ以上になると、型紙から変えなくてはならないので、どうしてもCカップまでのブラジャーよりも高価になります。単純に、サイズを大きくすればよいというわけではないのです。

逆を言えば、ある程度の価格のものであれば機能もそれだけしっかりしているということ。

バストラインを整えるためには、長い目で見る必要もありそうですね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする