Aカップなど胸が小さい悩み 美しくボリュームアップさせるブラジャーは?

胸の開いた服をカッコよく着こなしたい、ビーチやリゾート地で堂々と肌を見せたい…

バストが小さめの女性の多くがこんな希望を持っています。

もちろん予定に合わせてエクササイズや補正下着を駆使して、理想のボディにできるだけ近づけるよう努力するのも一つの方法でしょう。

しかし、それよりもバストの悩みをカバーして、より魅力的に見せてくれるブラジャーを活用してみてはいかがでしょうか。

バストのタイプに応じた対応が必要

一口に「バストが小さい」と言っても、いろいろなタイプがあります。

全体的にやせているため、バストにも脂肪が少なく、トップとアンダーにほとんど差がないという少年体型。

また、ふっくらしているけれど、「バスト」がない、下垂気味でボリュームが感じられない人もいますよね。

まずはどんなにバストが小さい人でも、サイズの測定はきちんとすることです。

「必要ないから」とばかりに、伸縮性のある素材のノンワイヤーブラや、上からかぶるハーフトップ、カップつきのキャミソールなどですませないようにしましょう。

バストのお肉がどんどん流れて、ますます形が崩れる原因になります。

タイプ別のブラジャーの選び方

自分のサイズに合ったブラジャーを正しく着ければ、それだけでバストアップする可能性があることはすでに述べたとおりです。

やせ型で「寄せるお肉もない!」という人は、成型済みのモールドカップや厚めのパッドが入った2分の1・4分の3カップタイプがおすすめです。

特にカップ下部が分厚く、上に行くほど薄くなる形のパッドを配したブラジャーは、自分のバストをその上に乗せるだけで谷間メイクができるので見た目A→Cにすることも可能です。

また、カップ全体に厚めのパッドが入っていると自然な丸みが演出できるでしょう。

バストラインがはっきりしない、ずん胴でふくらみが見られないという人は、4分の3カップで脇や背中、ウエストからしっかり寄せることを心がけてください。

サイドベルトが太めで、補正効果の高いものがよいでしょう。

反対に、フルカップはバストの小さい人向けではありません。

バストの上部がスカスカになってしまうことが多いので、ストラップが安定せず、不快感を覚えることがあるからです。

もう一つ、やせている人がチェックしたいのがワイヤー部分の処理です。

ワイヤーがしっかり柔らかい素材でくるまれていないと骨や肌にあたって痛みを感じることがあります。

廉価なブラジャーは特に注意してください。ワイヤーの上に一枚布を張っただけのようなものは、肌に優しくないばかりか耐久性の面でも今一つです。

たとえバストアップ効果が高くても、着け心地がよくなければ敬遠しがちになってしまいますよね。

実際、スポーツブラやカップつきキャミソール愛好者の多くが、ブラジャーは「ワイヤーが痛い、締めつけられる」という理由で避けているのだそうです。

小さいサイズのブラジャーは通販が品揃えが豊富

日本女性の平均カップサイズがB ~Cとふくよかになったのに伴い、小さいサイズのブラジャーが入手しにくくなってきています。

そのため、Aカップ以下の小胸(「プチ胸」とも呼ばれています)の持ち主は、パッドを何枚も入れたり、恥ずかしさをこらえてジュニア用を購入したりしているのだとか。

そんなニーズに応じてか、最近は通信販売を中心に、小さいサイズのブラジャーも展開されています。

メーカーによっては、AAAカップ(トップとアンダーの差が5cm以内)を扱っていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。デザイン性にも優れた、大人の女性にふさわしい一枚を見つけることができるかもしれませんよ。

ただし、サイズはあらかじめ専門店などできちんと測ってもらいましょう。

今や下着のおしゃれとバストメイクは両立できる時代。その恩恵を受けない手はありませんよね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする