アウターに合わせて下着も変える ピッタリした服・胸元が開いた服の場合

「アウターに合わせて下着も変える」、大人の女性なら当然のたしなみですよね。

体にピッタリ合ったタイトなドレスに、ブラジャーのレースが浮き上がったり、はみ出したお肉が段を作っているなんて、言語道断です。

あるいは、淡い色のブラウスからビビッドカラーのブラジャーが透けていたり、ストラップが丸見え…という見ている方が恥ずかしくなる「残念女子」も未だに少なくありません。

その日のファッションは下着も含めて考えることを習慣づけましょう。

最初に注意するべき点はブラジャーのサイズ

まず、大前提ですが、ブラジャーのサイズは合っていますか?

大きすぎたり小さすぎたりするブラジャーを着けていると、必ずボディラインに影響が出てきます。

バストの形そのものを崩してしまうのはもちろん、見た目も決して美しいものではありません。

例えば、リブニットなど、体の線がはっきり出るような服を着る時は、脇や背中にも注意しましょう。

ブラジャーのベルト部分の上下にお肉が乗っかっていませんか?締めつけすぎていると収まりきらない、本来はバストかもしれない脂肪がはみ出してしまうので気をつけてください。

カップも上部がスカスカしていたり、逆にバストに食い込んだりするのであればサイズが合っていません。

前かがみになった時にすき間ができて胸が見えそうになってしまう、外すとバストの上部分に跡がついているという人はブラジャー選びから見直す必要があります。

ピッタリした服を着る時のブラジャー

67_2

ピッタリした服を着る時は、モールドカップのブラジャーがおすすめです。

レースなどの飾りがなく、表面が滑らかなのでアウターに響きにくいのが特徴です。別名を「Tシャツブラ」とも言い、薄着になる夏に需要が高まるタイプです。

また、成型済みなので、着けるだけである程度バストの形が決まるというメリットもあります。

ドレスを着る時にはモールドカップでロングタイプあるいはスリーインワンタイプもよいでしょう。肩をそっくり出す場合でも、バストをしっかりホールドして美しいラインを作りだしてくれます。

アウターが薄く、色も淡いものであれば当然下着もそれに合わせるのがセオリーです。できるだけ肌に近い色をセレクトしましょう。

白いブラウスからブラジャーの色どころかレースの模様やプリントまで透けて見える、という人は一体何を狙っているのでしょうか。

少なくともセクシーさも清潔感も感じられませんよね。

気になる場合は、肌色~モカブラウンのライナー(飾りのないスリップのようなもの)を重ねるとよいでしょう。

胸元が開いた服を着る時のブラジャー

67_3

胸元が開いた服には、フロント部分のカットが深い4分の3カップや、浅めの2分の1カップが向いています。

最近は見えてもよいように、キャミソールのような当て布が着いているタイプもあります。

余談ですが、一時期「見せブラ」が爆発的に流行しましたよね。カジュアルの場合はそれでもOKですが、やはり仕事や公的な場に出る時などは「見せない」ようにする配慮が必要です。

また、ストラップにも気をつけましょう。ずれて落ちてくるほどではないにしても、服からチラ見えしてしまうのも見ている側からすれば困りものなのです。

女性にとって下着はただ着ければいい、機能性が高ければOKというものではありません。

時には気分をアゲてくれ、特別な日でなくても自分を演出できる大切なアイテムの一つです。

いくらボディラインを整えてくれても、飾りも何もないベージュ一色ではちょっと物足りませんよね。

フリルやレースをふんだんに使ったカラフルな下着類は、「女に生まれた喜び」を実感させてくれることでしょう。

しかし、「TPO」はやはりわきまえたいもの。

いくら美しく装っても、同席した人がいたたまれなくなるようでは魅力も半減してしまいます。

下着一つでも相手に与える印象を左右しかねないと心得ましょう。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする