見直してみませんか?ノンワイヤーブラ

「着け心地が楽」「デザインがオバサンぽい」「補正力は今イチ」

…若い女性がノンワイヤーブラに対して抱くイメージはこんなところではないでしょうか。

確かにバストをしっかりホールドし、形を整えるという点ではワイヤー入りのものに一歩譲るかもしれません。

しかし最近では改良が進み、「楽でありながらボディメイク力にも優れている」ノンワイヤーブラが続々と登場しているのです。

ノンワイヤーブラとは、ハーフトップやカップつきキャミソールとは異なり、アンダーベルトやストラップもちゃんとあるものを言います。

「垂れる」という意見もありますが、サイズがきちんと合っていれば少なくともそのようなことはありません。

ワイヤー入りのブラでも大きすぎたり小さすぎたりするとバストラインが崩れる原因になるのと同じですね。

「育乳ブラ」として有名な「ブラデリス」はそんなノンワイヤーブラのラインナップも豊富。

普段使いはもちろん、休日やリラックスしたい時用に育乳・補正ブラと併用することも勧めています。

最大の特徴はカップのジョイント部を約2センチ縫い合わせていること。これによりワイヤーなしでもバストをしっかり左右から寄せる効果があります。

また、三角形の肉厚パッドが押し上げてくれるので、バストの高さを出すことも可能。

ストラップは脇の部分が高くなっていて、柔らかいお肉のはみ出しを防ぐレーサーバック(U型とも言います)。なで肩でもずり落ちにくいのが嬉しいですね。

そして、両側のカップに渡されたパワーネットがバストを下からしっかり支えてキープ。デザインのポイントにもなっています。

この基本のパターンで、モールドタイプのシンプルなものからレースをふんだんに使ったフェミニンなものなど、好みに応じて選べるだけでなく、さまざまなカラーが揃っているので、ぜひレギュラーとして加えてもらいたい一品です。

厚めのパッドが入っているものもよいでしょう。

選ぶ際に気をつけてほしいのが、全体的にパッドの厚みが均一でないかどうか。

例えば、カップのサイド部分が厚くて中央に行くほど薄くなっていると、ノンワイヤーでもバストを寄せて谷間を作りやすくなります。

また、下半分が厚いタイプなら、バストをその上に乗せることになるのでデコルテにも丸みができますよね。

同じ厚みだとバストにかぶせるだけになってしまいがちなのです。

ワイヤー入りとノンワイヤーでは着け心地に違いがあることも知っておきましょう。

ノンワイヤーのメリットの一つが「楽」ですが、「楽すぎて不安」と感じる人もいるようです。そのためか、実際よりも小さいサイズを選んで結局締めつけに悩む、なんてことも。

繰り返しになりますが、ワイヤーの有無に関わらず、サイズの合っていないブラではバストラインを美しく整えることは望めません。

必ず試着をして選ぶようにしてください。その時物足りないと思ったとしても、「これがノンワイヤーの特性なんだ」と理解していれば「あれ?なんかゆるい?」と違和感を覚えるようなこともないでしょう。

バストが大きすぎる人にもノンワイヤーブラはオススメです。

自然にバストを包み込みつつ、横に広がるのを押さえてくれるのでキレイにボリュームダウンできます。

そして、肉質が柔らかくなってくる40代以降の女性もぜひ検討してみてください。ワイヤーやベルトの食い込みがキツイ、赤くなったりかゆみを感じる…こんな時はサイズが合っていないと考えられますが、体を線で絞めることが原因となっていることもあるからです。

最後に、ワイヤーが入っていないからと洗濯機でガンガン洗うのはNG。レースを使っているものならなおさらです。丁寧に扱うことで寿命が延びるのはどんなブラでも同じと心得て、優しく手洗いしてあげてくださいね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする