年を取っても「女性」を楽しみたい!

女性は40代になると体質ががらりと変わると言われています。

脂っこいものが食べられなくなったり、疲れやすくなったりといった身体的なことはもちろんですが、肌のたるみやしわ、髪のパサつきなど美容の面からも無視できない変化が表れてきます。

それまでのお手入れや症状に合わせたケア如何でその後が違ってくるので、「女性であること」をあきらめず、楽しみながら頑張りたいものですね。

年を取っても「女性」を楽しみたい!

筆者の母は70歳を超えていますが、同世代の女性に比べると若々しく、10歳は若く見られることがしばしばです。

高級な化粧品を使っていたり、エステ三昧というようなこともないのにも関わらず…。

その秘密はどこにあるのかと分析を試みたところ、いくつか「このおかげではないか?」と思えることを発見しました。

まず、例え一日家にいる時でも化粧を欠かさないこと。ファンデーションをつけ、眉やチーク、口紅などのポイントメイクにも手を抜きません。もちろん素っぴんで外出するなんてもってのほかです。

また、月に必ず一度は美容院に行き、カットやパーマ、白髪染めを定期的に行っています。

私も40代に突入した途端に白髪がどっと増え、見た目に与える影響の大きさに愕然としていますが、母はそのことをちゃんと理解しているのでしょう。

そして、姿勢やバストの位置。

年齢的にボディラインはかなり崩れていますし、ここ数年で贅肉もかなりつきましたが、バストはこの年代の女性にしては大きく、垂れていません。

母は普段からボディスーツを愛用しており、夏の盛りであろうと「着けない」という選択肢はないそうです。普通のブラジャーだとスースーして落ち着かないのだとか。

ボディスーツは補正下着の代表格であることからもわかるように、贅肉をバストに集め、吊り上げる効果に優れています。

それを毎日毎日着用しているのですから、ブラトップや補正力のまるでない「乳バンド」のようなブラジャーをしている同世代と差がつくのは当然ではないでしょうか。

背中が丸くなっていないのも、ボディスーツの背筋をまっすぐに保つ働きの賜物。これまで紹介してきたように、猫背はバストを下垂させるだけでなくスタイルを悪く見せてしまいます。ボディスーツを着ければすべて解決!と言うわけではありませんが、特に姿勢が気になる人はぜひ試してみてください。

視線を意識することの重要性

最大のポイントは、「常に人の目を意識している」ではないかと私は思っています。

私も小さい頃から身だしなみを厳しく注意されていましたし、大人になってからは化粧なしで出かけようとすると叱られたものです。

比較の対象にはならないかもしれませんが、モデルや芸能人がどんどん美しく、魅力的になっていくのは、不特定多数の視線にさらされているから、と言われますよね。これは本当の話。いろんな人の意見を聞いたり、自分自身を磨く努力をすることに加えて、「見られている」という緊張感で洗練されていくのです。

普通の女性でもそれは同じ。

例えば大勢の人の前で話をしなくてはならない時など、自然に背筋がピンと伸びませんか?胸を張ると自信ありげに見えるだけでなく、バストトップの位置が上がってスタイルもよくなります。そんなシチュエーションをイメージして、普段から姿勢をキープするようにしてみてください。

まとめ

10代なら「もっと大人っぽくなりたい」と思うかもしれませんが、30代や40代で「10歳は年上に見られたい」という人はいないはず。

若づくりでなく、内側から生命力が溢れてくるような若々しさを持ち続けたいものです。

冗談のようですが、「女性はオバサンを通り越すとオジサンになる」という話もあります。

下着や姿勢など、ちょっとしたことでも毎日続けられるケアを積み重ねて、いつまでも「女性」でいたいですよね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする