ブラジャーの種類はこんなにある!カップ形状とブラジャー形態

下着売り場をのぞいてみると、色も形もさまざまなブラジャーが溢れかえらんばかり。

どれを選んだらいいのか迷ってしまうのも無理はないかもしれません。

大前提は自分のサイズを知ることですが、バストの形やカップサイズによってはブラジャーのデザインそのものを考慮する必要があります。

ブラジャーの3つのカップ形状

ブラジャーはそのカップの形によって大きく3つのタイプに分けられます。

まずはフルカップ。

バストをすっぽり包み込む形で、しっかり支えられるのでバストの大きい人向けです。

補正効果はバッチリですが、全体のシルエットがややごつめになるので、色によっては「おばさんぽい…」と感じるかもしれませんね。

最近ではレースをふんだんに使っているなど、機能とデザイン性を兼ね備えているものも増えているので、試してみてはいかがでしょうか。

4分の3カップは現在主流になっているタイプです。

バストの形を選ばないので、幅広い層から支持されています。

サイドからバストを押し上げて谷間を作る効果があるので、「プッシュアップタイプ」とも呼ばれています。

最も人気があるだけにデザインも豊富。デイリー使いにもピッタリです。

夏や肩を出す服を着る時のために一枚は持っておきたいストラップレス。

ストラップをつけても使える2WAY仕様や、アウターに応じて背中でストラップをクロスできるものなどもありますが、このタイプはハーフカップがほとんどです。

4分の3カップのように横から押し上げるのではなく、下から持ち上げることでバストに高さを出し、デコルテ部分にもボリュームを作ってくれます。

バストが小さめ、または下垂気味で上部が薄い人向けと言えるでしょう。

また、ブライダル用のファンデーションの多くはこのハーフカップを採用しています。

ブラジャーの形態

カップの形以外では、ブラジャーの形態で分類する方法もあります。

ノンワイヤーブラはその名のとおり、ブラジャーのカップにワイヤーが入っていないもので、着け心地がソフトなため中高年を中心に根強い人気があります。

乳腺を圧迫しないので、マタニティ用・授乳用ブラもこのタイプが多いですね。

「休日用」「リラックス用」としてラインナップに加えている人もいるのではないでしょうか?

これまではその分補正力に欠けるとされてきましたが、最近では裁断・縫製を工夫することでノンワイヤーでもバストラインを整えることが可能になってきています。

締めつけ感が苦手、という人はアンダーフリータイプを試してみてください。

これはブラジャーのカップに直接サイドベルトがついているもので、アンダーやジョイント部(カップ同士を繋ぐ前中心の部分)には布がありません。

ビキニの水着を想像するとわかりやすいでしょう。

土台がない分、サイズ合わせはより慎重にする必要がありますが、蒸れにくくつけ心地も軽いというメリットがあります。

一時期爆発的なブームを巻き起こしたフロントホックタイプ。

発売当初は着用している間にちょっとした振動や接触でホックが外れてしまうというトラブルが続出しました。

しかし、その後改良が進み、後ろ手で留められないという世の「ぶきっちょ女子」や腕が上がりにくくなる中高年層の救世主となりました。

また、バストにお肉を集めて谷間を作りやすいという利点もあります。

モールドカップブラはカップ素材を熱加工処理でバストの形に成形したものを言います。

カップ部にまったく縫い目がないので、シームレスブラとも呼ばれています。

サイズが合っていれば、つけるだけでバストの形が決まる上、Tシャツやニットなどぴったりしたアウターでも響かないので愛用者が多いようです。

簡単に紹介しただけでもこれだけの種類があるブラジャー。

もちろん、「シームレス4分の3カップ」や「フルカップでフロントホック」など複数の特徴を持つものもあるわけで、それだけ選択肢も広いということです。

自分のバストに合うタイプを見つけるのもブラジャー選びにおいては大切と言えそうですね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする