細ボインには程遠かった激やせ時代 痩せたことで生じた新たなバストの悩み

補正下着一辺倒だった20代前半。

日常的に身につけることで、体型補正も自分でできるようになってきました。もはや第二の皮膚。真夏も、体調が今一つの時も着けているのが当たり前でした。

しかし、ボディラインは理想に近く、他人からは「スタイルいいね」とほめられたりしたのですが、徐々に疑問を持つようになります。

高くなる下着に対して疑問を持ち始める

体型が変化すれば当然下着のサイズも変わってきますし、経年劣化による機能の低下も現れてきますよね。

その度に決して安くはない下着を買い替えなくてはなりません。それでなくても、言葉は悪いですが向こうも商売ですから、新製品が出れば猛烈にプッシュしてきます。

ブラデリスなどのメーカーでも、最初は流れてしまったお肉をあるべき位置に戻して土台を作り、その後定着させる…というプロセスですよね。

ある程度体型が整ってきたら今度はこのシリーズを、と勧められましたが、何しろロングガードル1枚が3万円近く、ショーツですら5千円以上という価格帯。

いくら独身・自宅住まいのOLでもおいそれと買えるものではなかったのです。

もちろん押し売りされるようなことはありませんでしたが、正直断りにくい雰囲気はありました。

そして、「一度使い始めたらずっと着け続けなければならない」ということにも抵抗を感じるようになり、サロンから足が遠のいていったのです。

蓄えた知識を活かして下着の買い方を再び考えるように

それでも下着に充分すぎる費用を投資したおかげで、知識はバッチリ蓄えることができました。

どんなブラジャーを選べばいいか、正しいサイズを知ることがどんなに大切かなど、周囲の同世代よりずっとよくわかっていたのです。

この後は当時急激に人気の高まってきていた通信販売の下着メーカーのものを愛用するようになりましたが、「失敗した…」と思ったことはほとんどありません。

まず、自分のサイズを正確に測ること

これは大前提です。買う気がなくても下着専門店に行って、サイズだけ測ってもらうようなこともしていました(すみません)。

その上でカップの形を写真で可能な限り吟味して、「これなら」と思えるものだけを注文

着けてみて合わなければ送料を負担してでも返品し、実店舗もあるメーカーだったので時々は訪れて実際に商品を試着してみるといった手間も惜しみませんでした。

そして、気に入ったものがあれば何枚かまとめ買い。通信販売の場合、商品の入れ替わりが早く、余程の人気商品でなければ定番にはなりません。

つまり、自分が最高!と思うブラジャーが次のシーズンには影も形もない、ということが起こり得たのです。

サイズが変わって着けられなくなるより、お気に入り商品が廃番になる方がダメージが大きかったので、常に手元に2、3枚は色違いで用意しておいたものでした。

痩せたことで新たに生じたバストの悩み

20代後半から30代前半にかけては人生で最もやせていた時期でした。

標準体重より10kg近く少なく、ボトム類はウエストがガバガバ、ベルト穴はいちばん細いところでも余り、160の子ども服が着られました。結婚式で和装をした時はタオルでは足りず、バスタオルを二つ折りにして胴に巻いて補正してもらったほど。

バスト自体はCカップを維持していましたが、やはり上部の肉が薄く、肋骨が浮いていたので胸の開いた服やスリップドレスは見た目が貧相で着られません。

ストラップレスブラもずり落ちてくるので困りもの。サイズが合っていても、シリコンの滑り止めがついていてもダメでした。

クリアタイプのブラストラップも出始めていましたが使い心地は今一つ。最近ではバンドゥタイプなど安定感に優れたものが出てきていますが、当時は食い込むくらいきつめでないとブラジャーとしての役目を果たしてくれなかった上に、アンダー65というサイズがあまりなかったため、オフショルダーなどの夏ならではのオシャレが楽しめませんでした。

寄せる肉がない、とは今にして思えば贅沢な悩みかもしれませんが、この頃は肉が薄すぎるのをカバーしつつバストのボリュームを強調できる、ボートネックやハイネックなどの服を愛用していました。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする