世界神話の中のバスト スフィンクスは男?女?男性の乳房が山になった?

女性とバストにまつわる物語はギリシアだけでなく世界中に伝えられています。

その多くが、天地創造や人類の誕生に関わっているのは面白いですね。

やはり切っても切り離せない関係にあるようです。

スフィンクスは男?女?

世界遺産にもなっているエジプト・ギザの大スフィンクス。

人間の頭部にライオンの体を持つこの巨像は、古代においてファラオの権力の象徴でした。大きさに差はあっても、スフィンクス像はエジプト各地から出土しています。

神に等しい存在とされたファラオと、百獣の王ライオンを重ね合わせることで、その偉大さを強調していたのでしょうね。

しかし、これがメソポタミアや古代ギリシアとなると少々様相が変わってきます。

エジプトでは神聖なものであったスフィンクスは、これらの地域では子どもをさらい、戦場で人の死を見守る「怪物」とされていました。

現代に残る絵画では、ライオンの体は同じですが、鷲の翼と先端が蛇になった尾、そして男性でなく美しい女性の顔とバストを併せ持つ姿で描かれています。

最も有名なのはギリシア神話のオイディプス王との問答のくだりでしょう。

スフィンクスはテーバイの山中に住み、旅人を捕えては謎かけをして、答えられなかったり間違ったりしたら食べてしまうと恐れられていました。

その問題とは、「朝は四本足、昼は二本足、夜は3本足。これは何か」というもの。

オイディプス王は見事「人間」と正しい答えを告げ(神々に入れ知恵されていたという説もあります)、それを聞いたスフィンクスは谷底に身を投げて死んでしまいます。

それ以降、旅人は安心して山道を歩けるようになったという話は、ご存知の方も多いでしょう。

因みにこのスフィンクスの謎かけ、避けて通ることはできなかったそうです。もしかしたら男たちはスフィンクスの美貌と豊満なバストという女性的魅力に抗えなかったのかもしれませんね。

男性の乳房が山になった?

中国の少数民族・アチャン族には、興味深い天地創造神話が伝わっています。

最初に現れた天父ジャパマと天母ジャミマは、それぞれに天空や大地を、時には自分の体の一部を使って作りました。

まずジャパマは金砂と銀砂で太陽と月を作りますが、その宿として自分の左右の乳房を山にします。このため男性には乳房がなくなった、とされているのですが、逆を言えば最初はあったということですよね?

また、ジャミマは自分の喉仏を取って梭とし、顔面の毛を抜いて大地を織り上げました。そのため、女性からは喉仏と髭がなくなったそうです。

この神話によると、もともと男女は外見的にはあまり違いがなかったということになります。しかし、天地を造り上げていく過程で男らしさ、女らしさを獲得していき、最終的に出会って結婚、人類を産み出した…という話は、男女の起源にも言及していて、他にあまり類を見ないのではないでしょうか。

三つの乳房を持つ女神

インド神話には、3つの乳房を持つ女性、ミーナークシーが登場します。

彼女はシヴァ神の妻の一人で、「魚の目を持つ」と称される女神です。

もともとは子どものできない王がシヴァ神に祈ったところ授けられた少女で、魚のように閉じない目と3つの乳房を持っていたと言われています。

その1つ多い乳房は、夫と出会った時に消滅すると予言されたとおり、聖なる山でシヴァ神と結ばれると消えてなくなったということです。

もともとミーナークシーはシヴァ神の妻の一人の生まれ変わり。

つまり、将来自分の妻にするつもりの少女を一旦人間に預けただけ、とも考えられますね。

そしてその3つの乳房は見分けるための目印だったのでは…と邪推してしまいそうです。

幸運を授けるとして南インドで深く信仰されており、現代でも人気のある女神の一人です。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする