正しい下着でバストのカップサイズは変わる!正しい着け方をマスターしよう!

ブラジャー選びは「サイズ測定」「試着」で終わりではありません。

もう一つ、大切なプロセスがあります。

それが「正しく着ける」ということ。

ただストラップを通してホックを止めるだけでは、バストアップ・体型補正は望めないのです。

専門店で購入する機会があったら、ぜひ販売員さんにチェックしてもらいましょう。

ブラジャーの正しい着け方

普段ブラジャーをつける時、どのように行っていますか?

とっさに「急にそんなこと言われても…」と思い出せない人は、つけ方を意識していない可能性が大です。

まず、ストラップを肩にかけたら、前かがみになることが必要です。重力に従って、バストとなるべきお肉が集まってきやすいのです。

ワイヤーがバージスラインに沿うようにアンダーを合わせたら、カップにバストを収め、背中に手を回してホックを留めましょう。

手が届かないから、不器用だからと言う理由で、直立したまま前でブラジャーのホックを留め、そのままぐるりと後ろへ回す人がいますが、せめてその後は正しいプロセスを踏むようにしてください。

次に、ストラップを軽く持ち上げて(右バストなら右手で)、反対側の手を入れ、中心に向かってバストを寄せます。それからカップの下部分を手で押さえ、今度は肩方向(右バストなら左肩の方)へ持ち上げましょう。最後にバージスラインをなぞるようにすると、谷間にキレイな丸みができます。

両方のバストをきちんとカップに入れ込んだら、ストラップの長さを調節します。

人差し指がスッと入るくらいが目安。アジャスターが後ろにある場合は、一度外して動かすとよいでしょう。

最後に、背中のベルト部分を軽く下に引きます。横から見た時、サイドベルトが少し下がり気味になっていればOKです。

正しくブラジャーを着けれているかのチェック方法

正しく着けたにも関わらず、カップの上辺にすき間ができたり、逆にブラジャーの上にバストが乗って段差ができてしまうようならカップサイズを下げるか上げるかしてみましょう。

また、アンダーが合っていないと食い込んだり後ろがずり上がったりします。

「着け方」に注意してみると、それまで使っていたブラジャーがまるでその役割を果たしていなかったことに気づく人も少なくありません。

実際、自分の本来のサイズよりバストが小さいと思いこんでいる女性も多いのだそうです。

正しいサイズを知らず、間違ったブラジャーを適当に着けていれば、ボディラインが崩れてくるのも無理はありませんよね。

ウエストのくびれがなくなってきたのは、太ったせいでも年齢のせいでもなく、ブラジャー選びが間違っているからかもしれないのです。

姿勢も意識しましょう!

もう一つ、ブラジャーを着用する際に気をつけてもらいたいことがあります。

それは正しい姿勢を意識すること。

バストに合ったサイズのブラジャーを正しく着けていても、本人が猫背だったり、前傾姿勢を取り続けることが多いとアンダーがずり上がってしまうことがあります。

これは肩が前に入ってしまうことで肩甲骨が広がり、バストの重みを充分支えきれないために起きる現象です。

不快感があるだけでなく、バストの下垂や肩コリの原因にもなりますので、デスクワークが多い人は適度な休憩時間を取り、ストレッチを習慣化するとよいでしょう。

ラジオ体操に「胸を開く」という運動がありますよね。

背筋を伸ばし、肩を後ろに引いて左右の肩甲骨をくっつけるようにすると、自然に胸を張ることになります。この時、肩や背中に痛みを感じるようであれば、自分でも意識しないうちに猫背になっているかもしれません。

そこで、簡単な方法でチェックしてみましょう。

ブラジャーを着けたままでよいので、普通に立った状態で自分の姿を横から鏡で見てみてください。

次に、背筋をピンと伸ばし、胸を過剰なくらいに張ります。

バストトップの位置はどうなったでしょうか?

姿勢のよくない人ほど、明らかな違いがあるはずです。

バストアップの土台づくりとして、サイズや着け方に加えて姿勢にも注意してほしいもの。正しいブラジャーに併せて、毎日続ければ効果が期待できることでしょう。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする