踊ってバストアップ!ベリーダンス

バストアップに効果的とされるエクササイズは多々あります。

中にはバストに特化したものもあるでしょう。

しかし、最も大切なのは継続すること。

毎日へとへとになってしまったり、特別な器具が必要というのでは、長続きは見込めませんよね。

そこでお勧めしたいのがダンスを取り入れたエクササイズ。数年前から、さまざまなタイプのダンスがブームになっているので、いくつかは試したことがある、という方もいるのではないでしょうか?

やはり王道!ベリーダンス

今や女性の間では定番となっているダンス。

「中東起源のセクシーな踊り」というイメージが強いかもしれませんね。

しかし、実際には体中の筋肉を使うなかなかハードなもの。

運動量もさることながら、インナーマッスルを鍛えるのに効果的として最近ではカルチャーセンターなどの講座メニューにも必ず入っているほど人気が高まっています。

世界で最も歴史があるとされるベリーダンスは、もともと「女性だけ」のものだったとされています。

つまり、人前で披露するようなものではなく、女性ばかりのパーティや身内だけの集まりなどで仲間内だけで踊って楽しんでいたのです。

この当時の衣装は現代のようなセパレートタイプではありませんでした。

また、「ベリーダンス」と呼ばれるようになったのもアメリカに伝わって以降。

現地では「バラディ」「ラクス・シャルキィ」などと呼ばれています。

そんなベリーダンスの特徴は、肩・胸・腰がそれぞれ別の動きをすることです。

基本は円や8の字を描くことですが、初心者には何のことやら?ですよね。

多くのカルチャーセンターやジム、そして専門のスタジオでは体験クラスを設けているので、機会があったら直接指導を受けてみてはいかがでしょうか。

また、DVDや動画などを見ながら自宅で行ってみてもよいでしょう。

特にバストアップに効果的とされるのが、「ショルダーシミ―」という基礎的な動きの一つ。

左右の肩を交互に前後に動かすもので、特徴的なので一度見たら「ああ、知ってる!」と思われるのではないでしょうか?

この動きは、「ショルダー」と言っても肩ではなく肩甲骨を使うので、大胸筋に直接働きかけ、姿勢を美しく保つことに繋がります。

日頃前傾しやすい現代女性にはうってつけと言えるでしょう。

姿勢を日頃から意識するとGOOD

猫背になるとバストの型崩れや下垂が起こりやすいばかりか、栄養補給が充分に行われず、エクササイズや食事の改善による効果が出にくくなる可能性があります。

姿勢の矯正や血流の促進を意識して、日常的に行ってみてはいかがでしょうか?

  1. 足を閉じてまっすぐ立つ
  2. 腕はウエストくらいの高さで軽く広げ、肘は自然に曲げる
  3. 肩甲骨を使うつもりで肩を前後に動かす

初めはゆっくりで構いません。

肩の力で動かさないように注意しましょう。

ベリーダンスのその他の効果

この他、ベリーダンスは体の内側の筋肉を多用するので、体幹を鍛えることができます。

本場のベリーダンサーには全体的にふっくらとした人が多いのですが、贅肉でブヨブヨというわけではありません。

つくべきところにしっかりついているという印象です。お腹も決して「折れそうなウェスト」ではありませんが、自然なくびれができていて、女性の体の美しさとは何なのかを体現してくれています。

もう一つ、ベリーダンスの効能として、精神的にリラックスできるということがあります。

体を動かすのは、普段からデスクワークや立ち仕事で同じ姿勢を取り続けることが多い人には有効なのですが、中でもベリーダンスは女性性を再認識させてくれるとされています。

こわばった体のケアだけでなく、女性らしいしなやかなラインと豊かなバストを手に入れることも期待できるベリーダンス、改めて注目してみませんか?


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする