最大のバストアップ法!?彼氏とエッチ(セックス)すると胸が大きくなる?

今回はちょっとアダルト向けのお話です。

「バストにまつわる都市伝説」でも取り上げましたが、「男性にバストを揉んでもらうと大きくなる」という説は世代を超えてまことしやかに語られています。

セクハラが社会問題になる前は、職場でも貧乳の若い女性に対して「男に揉んでもらえ!」とからかう中年男性が必ずと言っていいほどいたものです。

つまり、それほど浸透しており、信じられていたということですよね。

実際のところは「まったくのデタラメではないが、必ず効果があるとも言い切れない」。

相手が好きな男性であれば、女性ホルモンの分泌が活性化され、乳腺によい影響を与えてくれるでしょう(男性なら誰でもいいわけではありません!)。

その結果、バストが大きくなったりハリが出たりすることは充分あり得るのです。

よいセックスは最大のバストアップ法!?

sexbust_2

セックス(限定ではないのですが)で性的快感や満足感を得ると、「ドーパミン」という神経伝達物質が脳に刺激を与えます

このドーパミンは統合失調症やうつ病にも関係があるとして研究が進められていますが、学習・意欲・動機などに影響を与えるとされています。

また、ドーパミンにはホルモン分泌機能もありますが、その効果により女性ホルモンが分泌されます

「よいセックスは女性をキレイにする」と言われるのはこのためです

しかし、解剖学的な話をすると、バストそのものは感覚の鈍い部位。

「圧迫されている」

「触られている」

くらいはわかっても、バストを揉まれることだけで快感を覚えるわけではありません。

敏感なのは乳頭です。

sexbust_4

マイスネル小体、パチニ小体という鋭敏な神経が通っているため、接触だけでなく気温の変化などさまざまな変化を感じることができるほどです。

そのため、性行為の途中で乳首を刺激されると多く女性ホルモンが分泌されますので、結果的にバストアップに繋がります

実際、授乳によって女性ホルモンの分泌が活性化されるのはよく知られていますよね。

それだけでなく、なんと乳頭は男性の「声」でも反応するとされています。

100~300ヘルツ程度の周波数に最も刺激を受けやすいので、男性の低めの声を「セクシー」と感じるのもそのためでしょう。

また、乳頭やバストも性的興奮が高まるにつれて膨張します。バストでは最大25%ほども大きくなるのだとか。

もちろん平常に戻ればバストも元の大きさに戻りますが、頻繁にこうした反応が繰り返されれば、適度な刺激となりバストが発達する可能性は大いにあるでしょう

セックスレスでも大きくなる?

sexbust_3

しかし、パートナーがいない人、日常的にセックスをしていない人はバストが小さいかというとそんなことはありませんよね。

ある性欲の強い女性が、パートナーの転勤を機に禁欲生活を余儀なくされ、欲求不満に陥っていた時、男性にものすごくモテるようになったという話をご存知でしょうか。

これは性的欲求が満たされないせいで、普段なら気にもかけないような周囲の男性すべてをセックスの対象として見てしまったからなのだそうです。

ありえないセックスの妄想をすることで、ドーパミンの働きが活発になり、結果女性ホルモンの分泌が促進された…というわけ。

実際、その期間は肌や髪もツヤツヤ、バストは1~2カップほどアップしてハリも出てきたとか。

脳は妄想と現実の区別がつけられないという説があります。

言葉は悪いかもしれませんが、この場合は脳がまんまと騙されてホルモンを大放出したと考えられるのです。

女性ホルモンを活性化させたいけれど、パートナーがいない、セックスに消極的という人はドラマや小説・漫画でもよいので自分がドキドキできるようなものを観たり読んだりするとよいでしょう。

「キレイになる」という言葉に踊らされて、無理に「恋をしよう」と思い込む必要はないのです。

そしてセックスに頼るのではなく、併せて規則正しい生活を送る、食事のバランスに気をつけるといったバストアップの基礎も守るよう心がけてくださいね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする