ブラジャーを買う際に試着を必ずするべき理由

たとえファストファッションのTシャツ一枚買うにも、必ず試着をしてから購入を検討する欧米人に比べて、日本人は無頓着と言われます。

鏡の前で体に当てるだけで、サイズや全体のバランスよりも色や柄が似合うかどうかを重視する傾向があるようですね。

最近流行のゆったりしたシルエットのブラウスやチュニックならそれでもよいかもしれませんが、ブラジャーはぜひ試着する習慣をつけてもらいたいものです。

「もうずっと同じメーカーのものを着けているし、サイズもわかっているから気に入ったものがあればそのままレジに直行する」という人は意外に多いそうです。

直接肌につけるものですし、バストという同性同士でも気になる部分のサイズを明らかにしなくてはいけないという気恥しさもあるかもしれませんね。

しかし、試着をしないで購入することははっきり言ってデメリットの方が大きいのです。

ブラジャーを買う際は試着を必ずするべき理由

筆者の体験からお話ししましょう。

当時の体型は156cm45kgとやせ形、ブラジャーは国産の70Cをつけていました。

一応その数年前に下着の販売をしている知人に測ってもらってはいたのですが、サイズについては「だいたいこれくらい」程度の認識しかなかったと思います。

アンダーは少しゆるかったのですが、その頃は65なんてあまり売っていなかったということもあります。

また、「正しいつけ方」にもあまり頓着していなかったので、ふと気がつくとバストの上部が削げたようにペタンコで、ふくらみが下の方に集まっていました。

これはちょっとまずいのではないか?と思い始めた頃、たまたま話題になり始めていた輸入下着を扱うお店を見つけました。

そこで、ちょっと勇気は要りましたが、興味が勝って足を踏み入れ、販売員さんに「胸が垂れてきたような気がする」と相談してみたのです。

すると驚いたことに、販売員さんは私のバストを服の上から見て、「ちょっと失礼」と触ってから、「見た目よりはありそうですね」と思ってもいない言葉を口にしました。

私は胸が小さくなってきたからブラジャーを変えた方がいいのかなという気持ちだったのに…。

販売員さんにメジャーで測ってもらい、勧められたのはベルギー製の「デヴェ」のブラジャー。確か9800円くらいした覚えがあります。正直、「ブラジャー一枚にこの値段はないだろう…」と思いました。

しかし、正しいサイズ・正しいフィッティングで着けてもらったところ、私のバストはとんでもないことになりました。

サイズは65D、谷間ができてしっかり上向きになって、バストの上部にもふくらみが復活…感激のあまり言葉を失い、即買いしたことはいうまでもありません。

この時私は試着や正しいサイズを知ることの大切さを知り、以後しばらく輸入下着にハマりました。

輸入下着に限らず、実際に販売員さんにサイズを測ってもらい、自分に合ったブラジャーを着用したら、バストサイズが1、2カップアップしたという話はざらにあります。

それは逆を言えば、間違ったサイズのものを着けているとバストはどんどん背中やお腹に流れていってしまうということ。

ウエストのくびれがなくなってきた、背中に肉がついてきたという人は要注意です。

最近、ブラジャーのサイズを確かめたことがあるかどうか、思い出してみてください。

カップのワイヤーやストラップの形が合うかは着なければ分からない

また、カップのワイヤーやストラップの形などが合うかどうかは見ただけではわからないでしょう。

ブラジャーの形によっては、どう調節してもストラップの収まりが悪い、ワイヤーがバストに食い込むというケースもありうるのです。

ブラジャーは一日の半分以上を行動をともにするもの。着け心地がよくなければとても使う気になれないのではないでしょうか。

そんなタンスの肥やし、「残念ブラ」を増やさないためにも、試着は必ずしてくださいね。

バストアップ、美乳づくりのカギはこんなところにもあるのです。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする