バストアップ教材のメリット・デメリット

バストアップ教材は情報商材の中でも今や人気商品の一つ。

数年に亘って長く支持されているロングセラーもあるほどです。

しかし、バストアップ効果を謳う商品は他にもたくさんありますよね。

サプリメントやクリーム、書籍といったバストアップ関連商品を差し置いて、情報商材が売れるのにはどんな秘密があるのでしょうか。

バストアップ教材のメリット

バストアップ教材のメリットは、

  • 教材費だけでよい
  • 自宅で、自分のペースでできる

ということ。

エステやスポーツジムなど、ダイエットやバストアップを狙って定期的に通うのが困難だったり「面倒くさい」と感じる人にとっては重要なポイントです。

また、他人に知られたくない場合にもオススメ。

最近のバストアップ教材はDVD形式が標準なので、観ながらマッサージやエクササイズを行うことが可能です(テキストは購入者が各自でダウンロードするか、費用別途で送ってもらう)。

わかりにくいところを繰り返したり集中的に観ることもできるので、じっくり取り組むことができますよね。

特にマッサージは、これまで経験のない人にはコツや力加減がなかなかつかめないもの。

モデルを使って実践しながら解説してもらえるとより早く身につけられるでしょう。

実際、高評価を受けているバストアップ教材はすべてこの形式です。逆を言えば「テキストだけ」では充分理解するのは難しいということ。

今や子ども向け雑誌の付録にもDVDがつく時代です。文字だけの教材が淘汰されるのは当然かもしれませんね。

バストアップ商材のメリット

費用についても、毎月会費を払ったりチケットを購入する必要もなく、初期投資だけで済む点が魅力です。

中には、内容に絶対の自信があるからなのでしょうが、「実践して効果が感じられなければ全額返金」、「バストアップすればお祝い金として商品代金を還元」という太っ腹な商品もあります。つまりどちらの場合でも実質無料になるということですね。

もちろん適用されるにはいくつかの条件を満たさなくてはなりませんが…。

例えば、始める前にバストの現状がわかる写真やサイズを販売元に送っておき、実践後効果がないこと、あるいはサイズアップしたことがわかる写真を再度添付して連絡しなくてはならないとか、メールサポートを何回か利用すること、などですね。

また、お祝い金を受け取るには使用前後の写真とコメントを公式サイトで紹介することを承諾する必要があります(顔は写さなくてもOKです)。

条件があるにしても、こうした制度が整っていれば、教材の内容に不安がある人もトライしやすいのではないでしょうか?

バストアップ教材のデメリット

デメリットは、対面ではないので「わからないことはどうしてもわからない」こと、基本的に一人で行うのでモチベーションが持続しない、継続して実践できない、といった点でしょう。

よく聞かれるのが、「DVDのマッサージモデルが上半身裸なので、家人(特に子ども)がいると大っぴらに観ることができない」という話。だからといってモデルが着衣では細かい点がわかりづらいですよね。

あるいは、毎日続けるにはメソッドが専門的・煩雑すぎるというもの。

詳細な説明はありがたいのですが、口頭のみだったり専門用語がバシバシ登場したり、エクササイズを実行するにはある程度の筋力があることが前提だったり…。

こうした疑問点の解消やモチベーションの維持には、メールサポートの活用はもちろん、最近増えている同じバストアップ法を実行している人同士のコミュニティでの意見交換や交流もよいでしょう。

バストアップ教材にはよい点もあればその形式特有の難点もあります。

それらをよく比較・吟味し、どんな方法であってもある程度は継続するつもりで購入しましょう。

自分に合ったものであれば価格以上の満足と効果を得ることができます。

「一日たった○分実行するだけでバストアップ!」

「何をしてもダメだった私のバストが2ヶ月でA→Cカップに!」

このような宣伝文句をネットや雑誌の広告欄で一度は目にしたことがあるでしょう。

サプリメントやバストアップツールにもよく見られますが、最近では情報商材もその仲間に加わっています。

情報商材とは一言で言うと「情報そのものが商品となるもの」です。

裏技やノウハウなど、通常では知ることができないさまざまな分野での情報を、購入者にのみ教えたり、レクチャーしたりするとされています(特定の動画やコンテンツを視聴できる会費制のサイトなどとは異なります)。

ネット上で売買されるため、販売元が信用に足るか判断しにくいこと、購入するまで内容がわからないことなどからトラブルも多く、国民生活センターに寄せられる相談も年々増加しているのだそうです。

しかし、「本物」を選ぶことができれば手ごろな価格で有用な情報を得ることができるので、「全部インチキ」「役に立たない」と切り捨てず、調べてみてもよいのではないでしょうか。

美容に関する情報商材は数多く、特にバストアップはダイエットと並んで人気のあるカテゴリです。

その分玉石混合で、どれがよいのかわからないかもしれませんが…。

バストアップ教材の選び方

最も確実なのは、情報商材の販売サイトで長期に亘って人気のあるものを選ぶこと。

雨後のタケノコのように次から次へと新しい情報商材が発売されますが、やはり内容に難点のあるものは自然に淘汰されます。

それは「口コミ」「レビューサイト」が一般化しているからです。

情報商材自体は、ネットのなかった時代から存在していましたが、その評判については購入者同士で共有することは不可能でした。そのため悪徳商法も長く野放しにされていたのですが、ネットに舞台が変わった現代では、いいかげんな商品や誇大広告はたちまち槍玉に上げられます。

一度悪い評判が立った業者はマークされ、その商品も販売停止に追い込まれることがしばしばあります(とはいえ、販売者名や商品名、宣伝方法を変えて何度も発売されるといういたちごっこもありますが)。

口コミ・レビューサイトをチェックしてみるのもいいですね。

その際、マイナス面にも言及しているかどうか注意してください。きちんと評価しているからこそ苦言も出てくるもの。100%ほめ言葉のレビューばかりであれば、少し疑ってみるべきでしょう。

その他、バストアップ情報商材の購入の検討材料としたいのは、

返品・返金保証がついているか

基本的に情報商材は電子データのやり取りとなりますので、返品またはクーリングオフができないことがほとんどです。

バストアップ関連商材はDVD形式が多いのですが、やはり対象外。その代わりに「一定期間内に効果がなければ全額返金」といった保証をつけているものもあります。

ただしこちらも返金を要請するための条件があるので、事前によく確認するようにしましょう。

メールサポートなど、疑問点に答える体制があるか

いくらDVDやテキストを観ても、直接教わっているわけではないのでどうしても疑問点が出てくるでしょう。そうした場合にも、メールや電話を介してアドバイスを受けられると安心ですよね。開発者から直接回答をもらえることはモチベーションアップにも繋がります。

「購入後○日以内なら回数無制限でメールサポートが受けられる」といった特典がついているものもあります。

「通販事業者の広告表示義務」を満たしているか

情報商材に限らず、事業として通信販売で物品を販売する場合に必ず表示しなくてはならないのが、

  • 販売価格と送料
  • 代金支払い時期および方法
  • 商品の引き渡し時期(注文から商品到着までの日数の目安)
  • 返品に関する事項
  • 事業者の氏名・住所・電話番号
  • 代表者または責任者名

この6点です。

トップページなど目立つ場所でなくても、通常の販売サイトには必ず記載があるはずです。

繰り返しになりますが、情報商材は基本的に返品不可です。

購入前には入念に検討するようにしましょう。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする