知っておきたい正しいサイズの測り方

自分のバストサイズ、正確に知っていますか?また、どのように測っていますか?

実はバストサイズを一人できちんと測るのはかなり難しいことです。

できれば誰かに手伝ってもらうとよい、と雑誌などではアドバイスされていますが、いくら仲のよい女友達でも裸になってバストを測ってもらうのは抵抗がありますよね。

下着専門店で頼むのがいちばんいいのですが、これも同様の理由で敬遠してしまう人が多いようです。

そこで、自分で測る時、どのような点に気をつけたらよいかを紹介したいと思います。

正しいバストの測り方

バストサイズを知るには体の二か所を測ることが必要です。

一つはトップバスト。

乳房の最も膨らんでいる部分(乳頭の位置)で体を一周した長さを言います。

メジャーを背中から前に回して測定しますが、この時全身が映る鏡を見ながら行うとよいでしょう。

背筋を伸ばして、横から見てメジャーが水平になるように注意してください。

また、バストが垂れている、肉質が柔らかくて逃げてしまうという人は、現在使っている中でいちばん着け心地がよく、バストがきれいに見えるブラジャーを着けて測る方法をおすすめします。

もう一つのアンダーバストはブラジャーを選ぶ際に基準となるものです。

トップバストよりも重要と言えるかもしれません。

日本製のブラジャーはアンダーバストを基にサイズ展開しています。つまりこの部分がわからなければ選びようがないということでもあるのです。

アンダーバストはバストのふくらみ(バージスラインと言います)のすぐ下で測定します。

こちらもメジャーにたるみやゆがみがないように、またきつく締めすぎないように気をつけてください。

正しくブラジャーを着けないとバストサイズも影響を受ける

日本製のブラジャーのアンダーバストは5cm刻みであることがほとんどですが、ホックを止める位置で2~3cmくらいは融通がきくようになっています。

アンダー68㎝であれば65と70の両方を試着して、よりフィットする方を選んでください。

きつすぎてもゆるすぎてもNGです。

ゆるい場合は論外ですが、もしきつくて苦しい、と感じるのであればアンダーはそのままで、カップサイズを上げてみましょう。

アンダーを上げると実際のサイズよりゆるくなって、バストを支えるという本来の目的が果たせなくなるからです。

動く度に背中のホック部分がずり上がって、不快な思いをしたことはありませんか?

これはアンダーが大きすぎるために起こる現象です。

その結果、ブラ全体が前下がりになってしまい、バストトップの位置も下がってしまうのです。

原因が「アンダーサイズが合っていない」ことを知らずに、バストを上向きにしようとストラップを短くしすぎて、肩コリや食い込みによるかぶれに悩まされている女性は意外と多いのだそうです。

もちろん、見た目にも不自然ですし、着け心地も決してよいとはいえないでしょう。

極端なケースではバストがブラジャーの下にはみ出してしまうこともあるようです。

ちなみにブラジャーのストラップは、バストを支える、あるいは吊りあげるためのものではありません。

正しい位置に収まったブラジャーを押さえる程度と考えてください。

きちんと調節できていれば、ストラップの存在そのものが気にならなくなるはずです。

バストサイズはすぐに変化する

最後になりますが、バストサイズは常に同じではありません。

女性は一ヶ月の間にもホルモンバランスが変化します。例えば月経前と後では違いが出てくるでしょう。

ちょっと太ったりやせたりしただけでも変わってくる可能性があります。

過去数カ月で体重に変動があったり、脂肪がついてきたと感じられた時はもちろん、最低でもブラジャーを買い換える時には測るようにしてください。

できれば年に数回は測定して、体型管理を兼ねてボディサイズを把握しておきたいですね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする