美容家電でバストアップ!RFボーテ キャビスパEXの口コミ評価など

自宅で実践できるバストアップ教材やエクササイズと並んで人気があるのが美容家電です。

電器店では専門コーナーがあったりしますよね。

スキンケアやアンチエイジング、ムダ毛処理にマッサージと、まさに「かゆいところに手が届く」充実ぶり。イオンスチーマーやフェイスローラーなどは女性へのプレゼントとして購入する男性も多いそうです。

バストアップに特化した製品は見つけるのが難しいかもしれませんが、ボディケア家電の中には、バストケア機能を兼ね備えたものもあるので、体全体をお手入れ・シェイプアップしたい人はチェックしてみては?

美容家電でバストアップ!

マッサージ器に使われる低周波は、バストアップ機器にも応用されています。

半円形または三日月形のパッドをバストに当て、電流を流して刺激することでハリや大胸筋のトレーニングなどさまざまな効果が期待できます。

下垂ならバスト上部、ボリューム不足は下から持ち上げるように…といった、悩みに応じて使い分けができ、振動の強さや種類も切り替えられるので日替わりでバランスよくケアするとよいでしょう。

コードレスのものなら自宅でくつろいでいる時や家事動作の邪魔にもなりません。

最近一般的になってきているEMSを発生させる手袋型のボディケア家電もあります。

こちらは手袋をはめて専用ジェルを塗った気になる部分をなぞるだけ。

例えばお腹なら、1分間に腹筋を約60回行った時と同じくらいの筋収縮が起こるそうです。

強さは手元のコントローラーで数段階に調節可能。

自分の手を使うので力加減や細かい動きがしやすく、ボディはもちろん、フェイシャル用にも使えます。

バスト部分は脇から脂肪を寄せたり下から上へマッサージするとよいでしょう。

お風呂で使えるものもあり、こちらはボディソープや石けんで代用できるのでジェルも必要ありません。

体が温まっている時ならさらに効果が期待できますね。

一箇所につき5~10分、週に2~3回の使用が目安です。

具体的には、ヤーマンのRFボーテ キャビスパEXがあります。

385_1

  • RF(ラジオ波)で肌を温める→浸透をよくし、トリートメント効果を高める
  • エステサロン並みの超音波ケアで肌を整える
  • ダブルEMS

といった機能が付加されています。

また、通常のフェイシャル・ボディケアだけでなく、「バスト用モード」も備わっています。RFで肌を温め、ダブルEMSで大胸筋に働きかけるという合わせ技で、効率よくトレーニング効果を得られるでしょう。

まさに一台4役ですね。

手の平サイズで扱いやすい上に、防水構造なのでお風呂でも使用できます。

価格は少々高めですが、エステやマッサージに通ったり、外科手術を受けることを考えるとコストパフォーマンスはよいと言えるのではないでしょうか?

ボディ用のローラーを活用する手も

この他、美容家電からはちょっと外れますが、ボディ用のローラーをバストに応用するという方法もあります。

一口にローラーと言っても、自分の手で動かして回転させるもの、電気で動くもの、低周波の出るものなど、いろいろありますが、いずれも使い方には注意が必要です。

例えば、バストアップしようとして脇や二の腕、お腹などからお肉をローラーでかき集め、そのままバストへ流すのは確かにマッサージ法としては間違いではありません。

しかし、力を入れすぎると脂肪細胞を分解してしまうので、かえってバストが小さくなったり形が崩れる恐れがあります。

特に、もともとバストの小さい人や乳腺・脂肪が硬くなっている人は、「マッサージをすると痛い」という先入観から「痛くないと効果がない」と勘違いしてしまいがち。

力加減がわからず、バストに悪影響を与えてしまうこともあるのです。

ローラーを使う時は圧をかけず、撫でるように優しく行いましょう。

まとめ

美容家電は「ながら族」向けのバストケア法ではありますが、もちろんそれだけでは十分な効果は期待できません。

毎日、あるいは決められた回数をきちんと行い、使用法を守り、併せて食事や生活習慣にも気を配るようにしてくださいね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする