バスト吸引器は効果あり?フェミニンフィギュアやバストメイクグラマー

バストアップは体の内側・外側の両方をバランスよく行うことが必要です。

食事や生活習慣の見直しなどはよってホルモンの分泌や血流が改善され、バストの健康を回復・維持するのに効果的ですし、エクササイズやマッサージ、入浴といった外部からの刺激はバストの形だけでなく全身のプロポーションを整えるのに役立ちます。

しかし、わかってはいてもなかなか充分な時間を確保するのは難しいもの。

料理や掃除、メイクなど「時短」が流行っていることからも、少ない手間で大きな効果を得たいという女性が多いことがわかります。

情報商材やムック本、サプリメントの人気が高いのも、「手ごろな価格」で「自宅で実践可能」だからでしょう。

そして、実は昔から存在してはいたものの、最近ではあまり表舞台に出てこない、「バストアップ専用ツール」にも根強いファンがいます。

バスト吸引器

大昔のギャグ漫画にあったような、パッドやカップでバストを覆い、吸引してバストを大きくするというものです。

内部を真空状態にしてその圧力でバストを吸い上げ、乳腺や血流を活性化させるとともに脂肪を集めてサイズアップを図ります。

かつては本当にただ吸引するだけで、痛みが強いわりにはほとんど効果がなかったそうですが、現在ではかなり進化しており、ものによってはかなり期待できるようです。

EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、本来脳からの命令がなければ活動しない筋肉を、適度な電流を流すことによって動かすトレーニング法の一つです。

AED(Automated External Defibrillator:自動対外式所細動器)や、心停止時に使用する電気ショックと同じ原理です。

自発的に運動をしなくても、パッドやベルトなどEMS効果のあるマシンを装着していれば、極端な話寝転がってテレビを観ていてもトレーニングができるということで近年人気が高まってきています。

マイクロカレントは人間の体にもともと流れている微弱な電流と同レベル、マッサージ機に使用される低周波のおよそ1000分の1程度の電流で、フェイシャルローラーを始めとする美容機器に多用されています。

体の自然治癒力を高め、痛みの緩和などにも効果的と言われています。

サッカーのベッカム元選手も、ワールドカップ直前に骨折した際、マイクロカレント療法で開幕までに復帰できたという話は有名ですよね。

前置きが長くなりましたが、このEMSとマイクロカレントをなんとバストアップに応用したのが「フェミニンフィギュア」

見た目はパーティグッズの変装メガネを連想させます。

カップはなく、環状になった本体をバストに嵌めるような感じですね(バストトップを覆うキャップもついています)リチウムイオン電池または充電式電池で稼働し、大胸筋や小胸筋を刺激するというもの。

振動の強さは3段階に調節可能で、自宅でじっくりバストケア(最大8時間)が可能です。

特に下垂したり左右に広がったバストに効果的とされています。

対応サイズはA~Cカップ。使用中のヴィジュアルにはこの際目をつぶって、試してみてはいかがでしょうか?

電気を使わない吸引系ツールとしては、「バストメイクグラマー」に代表されるシリコン製のカップがあります。

こちらは「ジョイントのないヌーブラ」と言えば想像がつくのではないでしょうか。

着け方はヌーブラとまったく同じ。裏返した状態でバストに当て、空気が入らないように装着します。密着した際に、パッドが元に戻ろうとして生じる、「ボウリングの球も持ち上げる」ほどの吸引力で脂肪を集めて刺激し、バストアップするというものです。

1回10分でOKという手軽さや、比較的廉価な点も魅力。気負わずに「乳トレ」を始めたい人にはオススメです。

この他、バストトップに特化した吸引器具もあります。陥没していたり授乳によって下を向いてしまった乳頭のためのもので、中にはバストトップの色もケアしてくれる製品もあるのでぜひ併せてチェックしてみてくださいね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする