プロテーゼを使用する豊胸手術の方法

外科手術はバストアップにおける最終手段であり、適切で正しい施術であればほぼ100%、思いどおりのボリュームを得ることができます。

「豊胸手術」というと、プロテーゼ一択のようなイメージがあるかもしれませんが、医療技術は日進月歩。

現在ではさまざまな手術法が実用化され、受ける側のニーズに合わせて選択が可能になっています。

プロテーゼを使用する豊胸手術の方法

色々な手術法がありますが、その中でも主流はプロテーゼを挿入する方法です。

シリコンバッグの品質も改善され、最近では破損や内容物の漏出などの問題はほぼクリアされています。触感や形もかなり自然に近くなっており、かつてのように一目で「豊胸手術を受けた」とはわからないほどです。

また、患者の体型やもともとの大きさなどから、

乳腺下法

大胸筋下法

大胸筋膜下法

といった手術法の中から最適な方法を選べるようになりました。

乳腺下法は自前のバストがそこそこある人向けです。脇の下や乳房の下部分を切開し、乳腺と大胸筋の間を剥離してプロテーゼや組織拡張器(ティシューエキスパンダー)を挿入します。

筋肉の上にプロテーゼがくるので、感触が柔らかく、痛みや腫れが他の方法より軽いのが特徴です。

しかし、バストが小さい人が行うと皮膚にプロテーゼの形が浮き上がってしまったり、カプセル拘縮を起こすと変形が著しいといったデメリットもあります。

やせ型の人には大胸筋下法

比較的やせ型でバストの小さい人は大胸筋下法がよいでしょう。

脇の下を切開して大胸筋と肋骨の間にプロテーゼを入れる方法です。

自然にバストアップすることが可能ですが、体への負担もその分大きくなるのが難点です。術後の痛みが大きいだけでなく、痛みや腫れが治まるまでのダウンタイムが乳腺下法よりも長いのが普通とされています。プロテーゼを入れた後には欠かせないマッサージの際にも痛みを伴うことがあります。

また、大胸筋によってバストの感触が硬くなりやすく、経年劣化や変形は他の方法より顕著になると言われています。

近年増えているのが乳腺の下にある大胸筋膜と大胸筋の間にプロテーゼを挿入する大胸筋膜下法です。

受ける人のタイプをあまり選ばない、いわばハイブリッド法です。

大胸筋下法より痛みや腫れなどの体へのダメージが少なく、術後のダウンタイムも短く済みます。

また、乳腺下法に比べるとプロテーゼの形が皮膚表面に表れるリスクも低いとされています。

手術後のケアが大事

どの方法を選ぶにしても必須となるのは術後のマッサージです。

プロテーゼが自分の体になじむよう、毎日欠かさず行わなくてはなりません。

基本的には利き手でプロテーゼを外側→内側→上方→下方の順で押し込むように。

続いて、内回し→外回し(ラジオ体操のようですが…)に動かします。

このマッサージを怠ると、人間の体はプロテーゼを異物と判断し、皮膜を作って包み込もうとします。

これがプロテーゼを使用した豊胸手術の最大のトラブルとされる「カプセル拘縮」です。

一昔前、特に海外のヌードモデルによく見られた、胸板の上にまん丸のボールや半球形のお椀が乗っているような不自然なバストと言えば想像がつくのではないでしょうか?

もちろん柔らかさとも無縁です。

カプセル拘縮を起こしてしまうと、再手術しか改善方法はありません。この場合は乳房下部のふくらみに沿って切開する「乳房下溝切開」という方式のみになります。

また、アフターケアも重要です。

カプセル拘縮だけでなく、腫れや手術痕の状態なども併せて定期的に診てもらえる医療機関を選びましょう。

豊胸手術に限らず、美容整形は手術そのものより維持することの方が大変と言われているからです。

「豊胸手術でバストアップする!」と決めたのであれば、メリットとデメリットを充分検討し、納得した上で受けるようにしましょう。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする