バストを活かす・バストで活かすファッションのお話

洋服はもともとメリハリ体型の西洋人に合わせたもの。体に厚みがなく、全体的にほっそりした日本人では着こなすのが難しいことがあります。

男性ならスーツ、女性はスリップドレスなど、シンプルでラインが強調されるファッションがよい(悪い?)例でしょう。

バブル期に肩パットが大流行したのは、こうした日本人の体型をカバーして海外ブランドの服を着るためだったと言われています。

ゆったりした服はボディラインに影響が出る?

近年、女性のファッションは年代を問わずふんわりしたシルエットが主流になっています。

チュニックやコクーンニットなど、スタイルを選ばないので人気がありますよね。

毎シーズン、丈や幅など多少の変化はありますが、スカートならギャザーやフレアーなどウエストや腰にゆとりのあるデザインが多いようです。

しかし、こうしたゆったりした服ばかり着ていると、気づかない内にボディラインにも影響が表れかねません

芸能人やモデルがデビューするとみるみるあか抜けてキレイになるのは、不特定多数の「目」を意識するようになるから。

つまり、「いつも誰かに見られている」という緊張感がよいプレッシャーとなり、スタイルばかりか顔つきまで変わってくるというわけです。

この説はかなり信憑性が高く、コーチングやセルフプロデュースのレッスンを受けると必ずと言っていいほど指導されます。

「第三者の目から自分がどう見えるか、見られたいか」という自己分析と演出で「なりたい自分像」を導き出し、そこに至るにはどうすればよいかを考えるのです。

話が少々それましたが、「誰も見てないから」という油断は心だけでなく体にも「緩み」を与えてしまいます。

例えば下着。サイズが合わなかったり、くたびれてブラジャーの役目を果たせなくなったものを着けていませんか?

お肉をしっかり包み込めないショーツやきつすぎるガードルを日常的に使っていませんか?

実はルーズなシルエットの服を着る時こそ、ボディメイクには気を使うべきなのです!

バストトップの位置の調整

ウエストをマークしないチュニックの場合、バストトップの位置によっては実際よりも太って見えてしまうことがあります。バストの大きい人は特に注意が必要です。

また、ふんわりしたブラウスが風で体に張りついて、脇や背中の段がクッキリ…なんてことも、できれば避けたいですよね。

こうした惨事を防ぐためには、バストをしっかりホールドするブラジャーで高さを出す、お肉を寄せてカップ内に収めるといった、用途に応じた下着を選ぶことで予防できます。

逆に、バスト周りをふっくらと見せたいときは、ドレープを使ったトップスやスカーフがおすすめです。冬場ならスヌードもいいですね。

ホルターネックは女性らしいセクシーさがある上、バストをカバーしてくれるので、ドレスや水着などに取り入れてみてください。

上半身が細い人や、バストの上部が削げてしまっている人は活用したいアイテムです。ただし、やせているからとブラジャーなどの下着をおろそかにしないこと。これはアウターを着こなすための大原則です。

胸元の開いた服を着る場合

胸元の開いた服を着るのであれば、バストを下から持ち上げるロングブラやスリーインワンでボディラインを整え、デコルテにふくらみを作りましょう。

フリルやプリーツを施したデザインや大ぶりのネックレスもボリュームを与えてくれます。

パーティなど華やかな場向けの裏ワザとしては、デコルテにラメやパール入りのボディパウダーをつける方法があります。

これは明るい色は飛び出して見えるという錯視を利用したもので、シワやくすみをカバーするのにも使われます。コツは、粒子の細かいパウダーにすること。目で見てラメがはっきりわかるようでは大きすぎです。デコルテ全体が発光しているかのように、全体に乗せるのがよいでしょう。

「インナー」「アウター」と呼ばれるように、下着と洋服はワンセット。

ボディラインを美しく演出するには、どちらも同じくらい情熱を持って選びたいものですね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする