ダイエットで胸は小さくなる?バストを維持するポイントは大胸筋!

「ダイエットすると胸からやせる」、これはダイエットが一般的になり始めた頃からまことしやかに語り継がれている説です。

実際、食事や運動によって体脂肪を燃焼させるわけですから、その90%が脂肪でできているバストが小さくなるのは当然かもしれません。

しかし、ダイエッターの多くは、「なくなってほしいお腹やヒップの贅肉よりバストの方に先に効果が表れてしまう」と嘆いています。

その一方で10kgやせてもバストはそのまま、あるいはサイズが変わってもカップは同じという人も現実に存在しますよね。

この違い、そしてダイエットとの関係はどこにあるのでしょうか。

ダイエットとバストアップは両立するか?

バストの構造について、ここでちょっとおさらいしてみましょう。

バストは乳腺と脂肪組織、そしてクーパー靭帯が大胸筋によって支えられています。

ほとんどが脂肪であることは間違いないのですが、バストを「バスト」たらしめているのは実は乳腺の方。

乳腺を保護するためにその周囲に脂肪がつくと考えた方がよいでしょう。

例えば、男性はいくら太ってもバストだけが大きくなるようなことはありませんよね(まれにホルモンの異常で膨らむ人もいますがこれとは異なります)。せいぜいがAカップ程度にお肉がつくぐらいです。

これは男性の乳腺が女性のように発達していないためなのです。

つまり、女性でも肥満体(失礼)=巨乳、ではないということ。

乳腺の数、発達度がバストの大きさを左右するのです。

この事実から考えると、やせていてもバストが大きい女性は乳腺が発達しているということになります。

では、こうしたタイプはダイエットしてもバストが小さくなったり形が崩れたりしないのでしょうか。

正しいダイエットの理解

ダイエットの基本は「健康的にやせること」。

特定の食物だけを食べたり、摂取カロリーを極端に減らすような方法はキレイになるどころか健康を損なう恐れがあるので避けるべきでしょう。

もちろんこうした認識はかなり浸透しているので、以前のようにパイナップルやゆで卵「だけ」といったダイエット法は近年なりを潜めています。

その代わりに急増しているのがさまざまな運動を取り入れたものです。

しかし、「1日10分」「1ポーズでやせる」のようなあおり文句が冠されていることが多く、「○○ダイエット」の○○が食べ物から運動に代わっただけのような感じもしますが…。

大胸筋を維持すればバストも維持できる

バストを支える土台となるのが大胸筋です。

鎖骨部・胸肋部・腹部の3つから成り、上腕骨大結節稜に繋がっています。胸部の筋肉の中でも最も大きく、表層部に位置し、上腕を内転・内旋・屈曲したり呼吸を助ける働きがあります。

男性の厚い胸板や、胸を張った姿勢には頼もしさやたくましさ、若々しさや自信を感じますよね。

ツンと突き出した形のよいバストも、この大胸筋があってこそなのです。

ところが、大きいだけに他の部分に比べると衰えやすいという困った特性もあります。

人間は年齢とともに筋肉量が減少し、トレーニングしなければ現状維持も困難になってくるもの。

大胸筋が衰えてくると、まず背筋を伸ばした姿勢を保つすることができなくなってきます。

肩が落ち、背筋が丸くなった状態では、当然上向きのバストにはなりません。それどころか、バスト上部の肉が削げ落ちて、下垂しやすくなってしまうのです。

間違ったダイエットでバスとが縮む

加齢による影響ばかりでなく、間違ったダイエットも大胸筋にダメージを与えます。

タンパク質を断ったり、油分や脂質を必要以上にカットしてしまうと、筋肉の原料が不足して、大胸筋もやせてしまうのです。

これを防ぎ、ダイエットとバストアップを両立するには、バランスのよい食事と適度な運動(できれば大胸筋を意識したもの)がやはり大切です。

何よりも、誰が見ても美しいと感じられるバストには健康なボディというベースが必要なのです。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする