バストの悩み 副乳や乳首・乳輪の色や大きさの決まり方

バストの悩みの中で最も大きなものはボリュームに関するもので、悩みを解消するためのバストアップの方法がよく解説されています。

続いては形ですが、これ以外にも実は悩みがいっぱいあります。

例えばバストトップ。乳頭や乳輪の色や大きさが気になって、温泉やプールなど同性でも体を他人に見られる可能性のある場を徹底的に避けるという女性も少なくありません。

また、ごく稀に本来とは異なる位置にふくらみのできる「副乳」を持つ女性もいます。

バストトップ部の色や形

バストトップ部の色や形はどのように決まるのでしょうか?

「遊んでいる女性は乳首の色が濃くなる」という俗説がありますが、これはまったくの事実無根です。

肌の色を決めるメラニン色素の量から黄色人種である日本人の場合、性別に関係なく、乳頭や乳輪は茶色系統であることがほとんど(薄茶から褐色の間)。

色白であっても白人女性のようなピンク色をしている人はごく少数なのです。

ではなぜこのような説が流布しているのかと言うと、「摩擦や刺激によってメラニン色素がたくさん作られ、肌の色が濃くなる」と考えられているからでしょう。

確かに、サイズの合わない下着やストッキングの締め付けによってその部分に色素沈着が起こり、黒ずむことはあります。

また、女性は妊娠すると授乳に備えて皮膚を強くするために、メラニン色素の源であるメラノサイトが活性化され、乳頭部の色が濃くなります。

逆を言えば赤ちゃんに授乳するほどの頻度と強い刺激でなければ、黒くなるほどのことはないでしょう。

乳頭部の色を薄くする方法

通常、女性ホルモンが減少するとともに乳頭部の色も薄くなっていくと言われています。

「それまで待てない!」という人には、美白化粧品がよいでしょう。

メラニン色素によって色が濃くなっているのであれば、それを取り除いてあげればよいわけです。

皮膚科でシミの治療に使われるハイドロキノンという強力な美白剤を乳頭・乳輪に使用している強者もいるそうですが、単体では効き目が充分でない(トレチノインというピーリング効果のある成分と併用が基本)こと、耐性ができやすいことなど注意が必要なので少々ハードルが高いかもしれません。

市販されている「乳頭の色をピンクにする!」といったうたい文句のクリーム類から試してみてはいかがでしょうか。

乳頭や乳輪の大きさの決まり方

もう一つ気になるのが乳頭や乳輪の大きさ。

個人差があるため、どれくらいなら標準とは一概に言えません。

しかし、グラビアや二次元の影響か、男性は「ピンク色で小さめ」という幻想を抱く傾向があります。

女性は同性と比較するだけでなく、男性のそうした願望を知っているため、余計に悩んでしまうようです。

特にバストの大きい人は「ハーフカップのブラジャーだと乳輪がはみ出してしまう」など、皮膚が引っぱられるせいか、乳輪も大きめになることが多いのですが、これも人によって異なります。

大きさそのものを変えることは残念ながら自分ではできませんが、どうしても何とかしたい場合は、乳頭・乳輪ともに美容外科などで縮小手術を受けることもできます。

しかし、デリケートな部分ですので充分にカウンセリングを行うようにしてください。

副乳とは?

脇部分の贅肉を「副乳」と自虐を込めて呼ぶこともありますが、医学的には退化した乳房とされています。

脇の下から乳頭部、恥骨に繋がる股部分を乳腺堤と言い、哺乳類の場合このライン上に乳房が対になって発達します。

副乳もこの部分にできますが、乳頭や乳輪、乳腺組織がないのでホクロやアザと間違われることが多いようです。

芸能人の熊田曜子さんは副乳があることで有名で、テレビでも何度か取り上げられていましたね。

副乳は、通常膨らんだり腫れたりすることはないので、治療の必要はありません。

筆者も実は副乳持ちですが、単なる脂肪の塊だと思っていました。いくらブラにお肉を収めようとしても、右側の脇部分だけが段になってしまったからです。

その正体がわかったのは出産時というほど、体には何の影響もないものです。

その後も特に何もしていませんが、見た目がどうしても気になる人は婦人科や美容外科で相談してみてください。