体のラインの維持に効果的な高機能下着(シェイプウェア)

年齢と共に女性の体のラインは崩れてきます。

運動することでラインの維持はできますが、下着を見直すことでも効果があります。

体の老化とアンチエイジング

「アンチエイジング」という言葉もかなり定着してきましたが、その内容についてどの程度ご存知でしょうか。

本来の意味は「抗老化医学」。予防医学の一種で、積極的に老化を防ぐために行うさまざま行為のことを言います。

エステや高機能美容液、エクササイズや最近流行している酵素美容などがこれにあたります。

人間の体は成長が完了すれば今度は老化に転じます。

女性の体のラインも例外ではありません。上向きでハリのあるバストやヒップ、くびれたウエストなども20代をピークとして年齢とともに崩れてくるものです。

ボディラインのアンチエイジングには適度な運動も欠かせませんが、何と言っても効果的なのは下着を見直すことでしょう。

30代後半~40代の体の特徴

30代後半~40代ともなれば、それまでと体重が変わらなくても何となく体全体にお肉がついたような丸みのある体型になってきます。

これは肉質が柔らかくなってくること、ホルモンの影響で筋肉が落ちてきたり基礎代謝が低下することなどが原因です。

また、肌のハリや弾力も失われてくるため、バストやヒップは重力に逆らえなくなって下へ下へと下がってしまうのです。

こうした体の変化を無視して、若い頃と同じようなファッションをしていたのでは「イタイ」人と言われかねません。

まずは体のカバーしたい部分を矯正してくれるような下着を身につけるところから始めましょう。

体型補正下着の変化

かつては体型補正のための下着と言うと、伸縮性の少ない素材を使って、体を締めつけるものが一般的でした。

世の女性たちは苦しい思いをして、キツイ下着に無理やり体を押し込んでいたのです。

しかし、柔らかいお肉を締めつければ、その部分は細くなっても上下にはみ出してしまうであろうことはたやすく想像がつきますよね。

脇や背中、腰の「ハミ肉」は、実際よりも女性の体をだらしなく、老けて見せてしまうもの。

こうした問題を解消するために、線ではなく「面」で広い範囲を抑えるタイプの下着が現代では主流になってきているのです。

最近流行りのシェイプウェア

最近流行の兆しを見せている「高機能下着」をご存知でしょうか。

これまでよりも伸縮性の高いパワーネットを多用しており、「シェイプウェア」と呼ばれることも多いようです。

その原理は着圧ストッキングを想像するとわかりやすいでしょう。部位によって編み目の大きさを変えることで足首やふくらはぎなどの血流を促し、疲れを防止したり見た目をスッキリさせてくれますよね。

それと同じで、ベスト型のボディシェイパーやハイウエストガードルなど、一見苦しそうに見える下着でも長時間快適に着用することができるのです。

また、一部分を締めつけるわけではないので、皮膚への食い込みもほとんどありません。

高機能下着(シェイプウェア)の選び方

ブラジャーは購入の度に必ずサイズを測り、バストの状態に合わせたものを選びましょう。

別項でも言及しましたが、20代と40代では同じサイズでも合うブラジャーの形が異なることがあるからです。

カップは深めで、アンダーベルトも太めのものが脇部分もしっかりサポートしてくれるのでオススメです。

また、バストが左右に離れてしまっている場合は、乳間が狭めの4分の3カップで両脇から中央へ集めるようにしてください。

もちろんバストが小さいからと言ってノーブラやカップつきインナーに転向するのは厳禁です。言葉は悪いかもしれませんが、バストの下垂に大きい小さいは関係ないのです。

ワイヤー入りのブラジャーで、脇や背中に流れてしまったお肉をしっかり寄せるようにしましょう。

まとめ

体に合ったブラジャーとシェイプインナーなどの補正下着を組み合わせることで、ボディラインは充分維持できます。大切なのは毎日着用することです。

バストやヒップといった体のアンチエイジングは決して「若づくり」ではありません。

現在の体の状態と特徴を知り、その悩みを解消するのに適切な下着を選ぶことがその第一歩となります。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする