30代後半からバストをキープするためのブラジャー選び

女性は生涯に3回、大きく体型が変化するとされています。

第二次性徴によってバストが大きくなるなど体に丸みがついてくる10代、成熟しつつあるもののサイズが変動しやすい20代、そしてボディラインが崩れてくる30代後半から40代です。

このうち最も女性が精神的ダメージを受けやすいのが最後の30代後半に差し掛かったころです。

30代後半は基礎代謝が低下する

30代後半になると、基礎代謝が低下し、女性ホルモンの分泌も減少することによって、体に贅肉がつきやすくなります。

また、妊娠・出産をきっかけに体質が変わり、太りやすい上に痩せにくくなったという人もいるでしょう。

それまでに着ていた服が着られなくなったり、サイズは変わっていないのに何となく似合わなくなるなど、「女性として下り坂?」なんて落ち込んでしまいそうなことが現実に起こってくるのです。

バストラインも例外ではありません。肉質が軟らかくなってくるので、背中やお腹に流れたり、下垂しやすくなります。

しかし、あきらめるのは早すぎます。年代や体の状態に合った下着を着用すれば、充分カバーすることは可能。

以前よりバストが小さくなった気がする、ウエストのくびれがなくなった…そんな人は一度下着を見直してみましょう。

以前とは違うブラシャーを身につけることが必要

20代と40代ではブラジャーのシルエットも異なることをご存知でしょうか。

若い頃と同じラインのものを使い続けていると、バストやその周囲のお肉をしっかりサポートすることができず、体型が崩れる原因になることがあります。

そのため、サイズは70Bで変わらないとしても、40代向けのブラジャーはよりカップの面積が広くなっています。

サイドベルトも太めで、一見すると「ゴツイ」イメージかもしれませんね。

これはバストや脇をしっかり包みこみ、「面」で押さえるために必要なこと。

また、ワイヤーのカーブやストラップにも食い込みを防ぎつつバストを支える工夫がされています。

「おばさんぽい」と敬遠して若い人向けのブラジャーや、スリムに見せようとして本来のサイズより小さめの下着をつけた結果、その上下や周りにお肉がはみ出して段になってしまったり、服の上からでも下着のラインがわかる…こんな残念な女性は意外に多いもの。

30代後半から40代にかけては、全身をすっきりと見せることを心がけたいですね。

場合によってはカップサイズを上げて、パッドを使うとよりバストがキレイに見えることもあります。

最近では年代別でブランド展開しているメーカーも増えてきています。専門的な知識を持った販売員さんなら的確なアドバイスをしてくれるので、ぜひ相談してみてください。

ブラジャーのワイヤーについて

ワイヤーの有無については、「どちらがよい」とは言い切れません。

最近はノンワイヤーでもパターンの改良によって充分バストをホールドしてくれますし、やはり着け心地の楽さは替えがたいものがあります。

一方、ワイヤー入りはバストの重みを支えて下垂を防ぎ、上向きの形をキープしてくれます。

それぞれの利点を考慮した上で、アウターに応じて使い分けてもよさそうですね。

ブラジャーは素材も重要

もう一つ、ポイントとして押さえておきたいのが素材です。

年齢を重ねるにつれ、肌は乾燥・敏感肌寄りになる傾向があります。

洋服でも、アクリルやナイロンなどの化学繊維を身につけているとかゆみを感じたりしますよね。吸汗性がないため、汗をかくとベタつきからかぶれやあせもができることも…。

直接肌に触れるブラジャーならなおさらです。

カップの裏打ちがコットンになっているものや、吸汗性・吸湿性のある素材を選ぶことをおすすめします。

今現在10代20代の人にとっては「まだ関係ない」と思われるかもしれませんが、どの年代でも正しいサイズのブラジャーを選ぶことが大前提であることに変わりはありません。

また、女性の体が年齢とともにどのように変化していくかを知っておけば、予防のための下着選びも可能になるのです。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする