40代でも遅くない!バストアップの心得

バストの成長は乳腺の発達が決め手となり、その乳腺の発達は女性ホルモンの分泌によって左右される…バストアップについて学んできた方なら、この一連の流れもよくご存知ですよね。

食べ物や生活習慣、ストレス解消から恋する気持ちまで、女性ホルモンを活性化させる働きが期待できるあれこれについてもご紹介してきました。しかし、40代以上の女性はその女性ホルモンそのものが減少してくることの方が気になるのではないでしょうか?

バストの成長

人間の体はだいたい25歳くらいをその機能のピークとして、以降は成長から老化に転じます。

極端な例をあげると、肌の水分を保つヒアルロン酸は乳児期を100%とするとそれ以後増加することはなく減少する一方で、じわじわ目減りしていきます。

また、昔は「お肌の曲がり角」と言われた20代半ばは、ハリや弾力の源であるコラーゲンの生成力が衰え始める頃なのです。

こうした体の変化をきちんと受け止めて、正しく補ってあげることが現状維持に繋がると言えるでしょう。

女性ホルモンの分泌について

女性の場合、35歳を過ぎると、卵巣の機能が充分でなくなってくるとされるのに伴い、女性ホルモンの分泌量も低下してきます。

肌や髪、体のラインが変わってくるのもこのため。当然ハリがなくなったり下垂してきたりと、バストも影響を受けることになります。

特に劇的に変わると言われているのが45~50歳頃。早い人なら閉経を迎え、女性ホルモンが激減するために更年期障害と呼ばれる、さまざまな不調が体や心に表れてきます。

では、40代も半ばを過ぎてしまったら、バストアップはもう無理なのでしょうか?

決してそんなことはありません!

女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなってしまったのであれば、外部から補ってあげればよいのです。

まず、更年期障害の症状があまりにもつらい時は、婦人科で相談して、ホルモン剤を処方してもらいましょう。

また、エストロゲンに似た働きを持つイソフラボンの豊富な大豆製品を積極的に摂取するという方法もあります。

バストアップサプリが意外と効果的

そして、バストアップサプリメントも効果が期待できます。

20代や30代の女性が飲むものというイメージが強く、抵抗があるかもしれませんが、実は40代以上の方が効果を実感しやすいと言われています。

というのも、若いうちは女性ホルモンの分泌が活発なので、そこへさらに同じような成分が含まれているサプリメントを摂取してもすぐには明らかな変化は感じられないことがあるからです。

実際、コラーゲンなどを配合した美容ドリンクを飲むと、年齢が上の人ほど翌日「いつもと違う」と実感したという話もよく聞かれるのです。

近年、バストアップサプリメントの主成分となっているプエラリア・ミリフィカはイソフラボンの数十倍もの女性ホルモン様成分を含むとされています。

もちろん過剰摂取による副作用には注意が必要ですが、女性性を取り戻す手段の一つとして、試してみる価値は充分あるのではないでしょうか。

バストアップサプリ以外の対応法

バストアップサプリメントに加えて、大胸筋を鍛えるエクササイズや正しいサイズのブラジャーを着用するなど、40代のバストケアも気をつけることは若い世代と変わりません。

特に肉質が柔らかくなっていることが多いので、脂肪が流れやすい分集めやすいという子の世代ならではの特性を利用しない手はないでしょう。

ある60代女性は、エクササイズとマッサージを根気よく続けた結果、豊胸手術など一切なしでAカップからHカップにサイズアップしたそうです。

それを考えれば、40代ならまだまだ改善の余地あり!とやる気が出てきますよね。

前向きな気持ちは女性ホルモンの分泌にもよいことでしょう。

「年だから」「もう何をしてもムダ」と諦めることなく、バストによいことを心がけてくださいね。