美容大国・韓国のバスト事情

美容大国として知られるお隣の国・韓国。

「韓流」と呼ばれるドラマや音楽、コスメなどの一大ブームは記憶に新しいことでしょう。

特に、うっとりするような脚線美をアピールして歌い踊るガールズグループは、日本でも若い世代を中心に大人気となりました。

韓国でも男性が真っ先にチェックするのは女性の「脚」という調査結果があるそうです。

その理由は「脚は持って生まれたものだから」だとか。

エステやメイク感覚で美容整形を受ける人が多い、と有名な韓国でも「脚そのものは変えようがないからそれだけ価値がある」といったところでしょうか。

では、体の他のパーツはどうでしょう?

日本人と比べて、ボディサイズにも大きな違いがあるのでしょうか?

韓国女性のスタイル

韓流アイドルに代表されるように、韓国人女性は「スレンダーでスタイルがいい」というイメージがありますよね。

しかし、ある調査によると、サイズ的には日本人女性とあまり変わらないことがわかっています。

例えば、身長は日本人の約158センチに対して韓国人は約161センチ。

体重では日本人が約52キロ、韓国人が約53キロと、誤差の範囲と言っていいほどの違いしかありません。

その他、ウエストやヒップのサイズも日本人より韓国人の方が2~3センチほど高い数値が出ていますし、バストに至っては日本人の平均がBカップであるのに対し、韓国人はAカップなのだそうです(ブラジャーのカップサイズについては規格の違いがあるのかもしれませんが…)。

つまり、数字から見れば巷で言われるほど「日本人よりスタイルがいい」ということはないのです。

しかし、韓国に旅行したり、ドラマを観るだけでもわかるかと思いますが、韓国人女性は日本人女性と比べると格段に姿勢がいいですよね。

背筋をしゃきっと伸ばし、ヒールの高い靴を履いていても膝を曲げて歩くようなことはありません。

筆者はイメージの差の原因はここにあるのではないかと思っています。

これまでにも姿勢の重要性については何度か言及してきましたが、猫背はスタイルアップの大敵。

サイズが変わらなくても、背筋を伸ばして胸を張るだけでバストトップの位置は高くなり、バストが大きくなったように見えるのです。

特にデスクワークの多い女性は猫背にならないよう、意識することが大切です。

胸が大きい女性は頭が悪い?

また、韓国ではかつての日本のように「胸が大きい女性は頭が悪い」という都市伝説が未だに生きていることも関係しているかもしれません。

韓国で生活する日本人女性からも「大きいサイズのブラジャーが売っていない」という声がしばしば聞かれるそうです。

特にDカップ以上になると皆無に近いのだとか。

実際、韓国のブラジャーのサイズ展開はアンダー75から。日本のようにアンダー65や70のものは、専門店であっても用意していないことがほとんどです。

また、5センチ刻みで75、80、85の3サイズ以外を見つけることは至難の技。

しかも、カップサイズもA、B、Cの3サイズしかない、と言っても過言ではありません。

日本人女性のように、ピッタリのサイズでバストメイクするという考え方もあまりないようで、韓国人女性はゆったりしたブラジャーを好む傾向があるそうです。

ただし、デザインやカラーは豊富で、最近では日本からの観光客がそれを目的に訪れるほどランジェリーショップは充実しています。

品質も日本のものと比べても遜色はなく、価格からすれば充分満足できるものだそうですよ。

専門店であればもしサイズがどうしても合わなければ無料でお直しをしてもらえるなど、サービスも充実しています。

韓国人女性のバストアップアイテム

だからといって韓国人女性がバストアップに無関心、ということはないようです。

シリコンバッグや自身の脂肪、ヒアルロン酸などを使った豊胸手術はやはり盛んですし、下着専門店ではパッドも販売されています。

そしてセルフケア派に人気なのが美乳クリーム「EVERA」。

バストアップに効果的として日本でも人気の成分、プエラリアミリフィカを主成分としており、使い続けるとバストにハリが出るとされています。さらりとしたテクスチュアのジェルタイプなので使いやすいでしょう。

日本ではパックタイプの「EVERA ブレスト36パッチ」が購入可能です。

こちらはバストの弾力をアップさせることが認められたキジェリンや、脂肪を増やすとして最近注目されているボルフィリンを配合したパック剤。

バストに直接貼付し、1日12時間以上そのままにしておくだけという手軽なバストアップ商品です。

14×14センチの大判なのでバストを広範囲に覆ってくれますし、形に合わせてカットして使うことも可能です。

アミノ酸を始め、ザクロやイチジクなど植物由来の美肌成分も豊富に含まれていますので、美肌ケア効果も期待できます。

ただし、安全性は韓国の基準によるため、日本人には合わない可能性もあります。どんな製品にも言えることですが、万一肌に異常が表れた場合は、速やかに使用を中止し、医師の診察を受けましょう。

まとめ

美容大国・韓国のバスト事情

日本とはちょっと考え方が異なる部分もありますが、美しくありたいと思う気持ちには変わりないようですね。


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする