貧乳好きは多い!男性が好きなバストサイズは意外に小さめ?

「男性はやっぱりバストの豊かな女性が好き」…昔から定説のように言われ続けていますよね。

根強くささやかれているからこそ、バストが小さいことをコンプレックスに感じたり、大きく見せるための下着を選ぶ女性が多いのではないでしょうか。

ところが、実際の男性側の意見を聞いてみると、必ずしもそうとも言えないようです。

バストに目がいく理由

人間の女性のバストが他の哺乳類に比べて発達しているのは、直立して二足歩行をするようになったためとされています。

例えば人間に最も近いサル類は、四足歩行がメイン。メスは発情期になるとお尻を赤くしてオスを誘います。その色が鮮やかであればあるほど、オスの目には魅力的に映るようです。

また、実は大きさも重要なポイントだそうです。動物にとって生殖は子孫繁栄のための行為ですから、より確実に子どもを産めそうな個体を選ぶようにインプットされているのですね。

そのお尻の代わりに、人間女性のバストが自分をアピールするパーツとして大きくなったとすると、サルから進化した人間の男性がバストの豊かな女性に目を引かれるのは本能と言えるかもしれません。

実際、内面はまったく関係なしに、見た目だけで女性を選ぶとしたら「胸の大きい方」に注目する傾向があることは確かなようです。

恋人のバストサイズは気にしないという男性は全体の半分以上

しかし、男性に理想的な女性のバストの大きさをカップサイズで答えてもらうと、ほぼ半数が「大きすぎず小さすぎず」のC~Dカップだとか。

人気のあるグラビアアイドルやモデル、二次元でもアニメや漫画の美少女キャラクターも、「巨乳」と呼ばれるほどの豊かなバストの持ち主であるのとは少々ギャップがありますよね。

男性は好きになった女性であれば、バストサイズにはさほどこだわらないようです。

実際、前述の調査でも、恋人のバストサイズは気にしないという男性は全体の半分以上。

「理想のバストサイズなんてない」という答えも全体の2割ほどいたそうです。

豊かなバストは印象づけるにはプラスですが、必須ではないということでしょう。

バストケアはしっかりと!

とはいえ、バストケアは怠らないようにしたいもの。

男性は「巨乳」と「美乳」だったら男性は圧倒的に「美乳」が好きという結果も出ているほどです。

「美乳」の定義は人それぞれかもしれませんが、バストにハリがあり、肌が美しいことは必須条件。

日本では古来「色の白いは七難隠す」と言われるように、肌の美しさは女性にとって重要なポイントですよね。それはバストにも当てはまります。

そして、男性は女性よりも「見た目」で判断するという「視覚型」であるとも言われています。一目惚れするのは圧倒的に男性に多いとされるのはこのため。

もし女性の目に見える部位の肌がきれいであれば、「他もそうに違いない」「美人」と思ってしまう、ある意味単純な特性を持っているのです。

バストケアの方法

肌=皮膚は人間の体で最大の臓器であり、表面を一続きに覆っています。つまり、保湿やマッサージなど、顔の皮膚や頭皮によいとされることは当然バストにも効果的なのです。

ボディローションやバスト専用のマッサージクリームなどを使って、顔と同じようにお手入れしてあげるとよいでしょう。

また、マッサージは血行を促進して、栄養をバストに届きやすくしてくれます。刺激されることで女性ホルモンの活性化も期待できるでしょう。

バストアップに必要な乳腺の発達・維持には、女性ホルモンが不可欠。

ぜひ日課にして、「美乳」を目指したいものですね。

そしてみずみずしい肌はそのままハリのあるバストへと繋がります。

男性が女性性を感じる部位として上位に挙げる、デコルテ部分も併せてケアするとよいでしょう。

「美乳」の印象を男性に与えるのは、実は意外に簡単なことなのです!


最も効果的なバストアップの方法について詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧下さい!

シェアする